[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 有望株が魅せた鬼肩“バズーカ送球”に喝采 「走者関係なしの驚異的なプレー」

有望株が魅せた鬼肩“バズーカ送球”に喝采 「走者関係なしの驚異的なプレー」

米大リーグで、屈指の強肩三塁手が魅せたプレーが話題を呼んでいる。14日(日本時間15日)のアストロズ-レンジャーズ戦。アストロズのアレックス・ブレグマン内野手が厳しい体勢から一塁へ大砲のような送球で、走者を仕留めた。これぞメジャーというべき“鬼肩”ぶりを、MLB公式ツイッターが動画で紹介。「驚異的なプレー」とファンの反響を呼んでいる。

アストロズのアレックス・ブレグマン【写真:Getty Images】
アストロズのアレックス・ブレグマン【写真:Getty Images】

アストロズのブレグマンが三塁からバズーカ送球、ファンの反響呼ぶ

 米大リーグで、屈指の強肩三塁手が魅せたプレーが話題を呼んでいる。14日(日本時間15日)のアストロズ-レンジャーズ戦。アストロズのアレックス・ブレグマン内野手が厳しい体勢から一塁へ大砲のような送球で、走者を仕留めた。これぞメジャーというべき“鬼肩”ぶりを、MLB公式ツイッターが動画で紹介。「驚異的なプレー」とファンの反響を呼んでいる。

【特集】「走り」で人は変われる 子どもが運動会でヒーロー・ヒロインになる方法 / 陸上 伊藤友広さん、秋本真吾さん(GROWINGへ)

 レンジャーズ戦の4回だった。レ軍の4番ベルトレの打球が三塁線を襲った。アストロズのブレグマンは抜けそうな打球を軽やかにさばくと、そこからが驚愕の光景だった。

 体はファウルゾーンに流れながら、反転して、素早く一塁へ送球。正確な送球がノーバンで一塁手のミットに収まった。深い位置から楽々走者をアウトにしてみせたのだ。

 三塁から一塁までの距離は約40メートル。それをさらに超える距離を感じさせないプレーに、観衆からは拍手が降り注いでいた。ツイッターで動画を見たファンも、続々反応。「フレッシュな送球」「ナイス」「走者に関係なく、驚異的なプレーは驚異的なプレー、素敵」「スゲー」などコメントが相次いでいた。

 強肩で知られるブレグマンは2015年にアストロズにドラフト1巡目(全体2位)で入団した24歳の超期待株だ。昨季はWBC米国代表として金メダル獲得に貢献、シーズンでも19本塁打を放つなど素質が開花しつつある。これからも鮮やかなプレーで、大いに沸かせてくれそうだ。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー