[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 名遊撃手が魅せた“鬼肩”に米拍手 「圧巻の守備」「驚くべきSSランクの存在」

名遊撃手が魅せた“鬼肩”に米拍手 「圧巻の守備」「驚くべきSSランクの存在」

米大リーグ、屈指の遊撃手が魅せた鬼肩が話題を呼んでいる。インディアンスのフランシスコ・リンドーア内野手がタイガース戦で遊撃からの矢のような送球を披露。MLB公式ツイッターが動画で紹介すると、「驚くべきSSランクの存在」などファンからは称賛が相次いでいる。

インディアンスのフランシスコ・リンドーア【写真:Getty Images】
インディアンスのフランシスコ・リンドーア【写真:Getty Images】

米有数のショート、インディアンスのリンドーアのスーパープレーに米拍手

 米大リーグ、屈指の遊撃手が魅せた鬼肩が話題を呼んでいる。インディアンスのフランシスコ・リンドーア内野手がタイガース戦で遊撃からの矢のような送球を披露。MLB公式ツイッターが動画で紹介すると、「驚くべきSSランクの存在」などファンからは称賛が相次いでいる。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 これぞメジャー。これぞ超一流のスーパープレーだ。米屈指の名手リンドーアが守備範囲の広さと、強肩ぶりを見せつけた。

 10日(日本時間11日)のタイガース戦の初回だった。1死二塁からカブレラの打球は三遊間への強烈なゴロ。リンドーアはこれをダイビングキャッチで好捕すると、ここからだ。矢のような送球を一塁へ送り悠々とアウトにした。

 守備範囲の広さ、捕球してからの速さ、そしてレーザービーム。非の打ちどころがないスーパープレーを「オー・マイ・リンドーア」「これぞ美しい」としてMLBが公開。ファンは拍手を送っている。

「圧巻の守備だ」
「驚くべきSSランクの存在」
「彼の安定感は素晴らしい」
「素晴らしいのはそのスピードだ」

 などとコメントがつけられた。リンドーアは180センチと決して大柄ではないが、驚異的なバネを誇り2016年にはゴールドグラブ賞を受賞。昨年は33本塁打とパンチ力も見せつけた。昨年のWBCではプエルトリコ代表として準優勝にも貢献。伸び盛りの24歳が、守備で大いに沸かせた。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー