[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

流経大から過去最多7人がJ1へ 浦和内定MF安居を指揮官絶賛「日本代表の可能性ある」

 流通経済大学サッカー部からJリーグへ進む12選手(いずれも4年生)が7日、都内のホテルで合同記者会見に臨んだ。J1クラブ加入7人は過去最多。浦和レッズにMF宮本優太(流経大柏高出身)、MF安居海渡(浦和学院高出身)、川崎フロンターレにDF佐々木旭(埼玉平成高出身)、サンフレッチェ広島にMF仙波大志、FW満田誠(ともに広島ユース出身)、サガン鳥栖にMF菊地泰智(流経大柏高出身)、MF佐藤響(水戸啓明高出身)が進む。

Jリーグ入りが内定している流経大の12選手【写真:平野貴也】
Jリーグ入りが内定している流経大の12選手【写真:平野貴也】

全12人のJリーグ内定選手が揃って会見、大学4年間での成長に手応え

 流通経済大学サッカー部からJリーグへ進む12選手(いずれも4年生)が7日、都内のホテルで合同記者会見に臨んだ。J1クラブ加入7人は過去最多。浦和レッズにMF宮本優太(流経大柏高出身)、MF安居海渡(浦和学院高出身)、川崎フロンターレにDF佐々木旭(埼玉平成高出身)、サンフレッチェ広島にMF仙波大志、FW満田誠(ともに広島ユース出身)、サガン鳥栖にMF菊地泰智(流経大柏高出身)、MF佐藤響(水戸啓明高出身)が進む。

【特集】身近になったフィギュアスケート 元トップ選手が伝えたい競技の魅力 / フィギュアスケート・中野友加里さんインタビュー(GROWINGへ)

 彼らを軸とした流経大は今季、関東大学リーグ1部で12年ぶり4回目の優勝を飾った。会見には、全員が金メダルをかけて登場。冬の全日本大学選手権は3位で優勝には届かなかったが、中野雄二監督は「選手個々が成長して、これだけの選手がもう一つ上のカテゴリーに進めることが喜ばしい」とJリーグに多くの選手を送り出す気持ちを表した。

 壇上の選手だけで試合ができるほどの人数がプロに進むのは、優れた環境のなか、様々な道を進んできた選手が刺激し合った結果だ。流経大は高校時代のチーム成績にこだわらず、スカウトが数多く実戦を見て、可能性を見出した選手に声をかけている。

 MF仙波は、小学生から広島の育成組織でプレー。ユースではプレミアリーグWESTを優勝した。いわば世代のエリートだが、大学に入り、まだ見ぬライバルが多くいることを知った。「同世代は、僕とマコ(満田)くらいしかJユースの選手はいなかったし(ポジション争いは)余裕だろうと思っていたけど、(安居)海渡とか(佐々木)旭とかも最初から上手くて、関東は良い選手が腐るほどいるなと思った」と入学当時を振り返った。

 中野監督が「本学OBの日本代表MF守田英正(現サンタ・クララ)よりも、将来、日本代表としては可能性があると思う」と高く評価したMF安居は、仙波とは異なり全国大会とは無縁だった。浦和学院高時代は、守備面でボール奪取が目立つ選手だったが、大学に入ってから攻撃面でパスの経由役も担い、プレーの幅を広げた。「付属高から来た(宮本)優太たちは、全国大会の決勝に行った選手。その中に、選手権にはほど遠かった無名の自分が行くのはチャレンジ。最初は不安も強かったが、分かり合える仲間で、サッカー面でいろいろ(助言も)言ってくれた。監督からもボールを受けろと言われ、ボールを受けるのが楽しくなってきた」と、4年間で感じてきた成長の手応えを話した。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集