[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

松田直樹十周忌 「明日、みんな金髪で集合な」で人生初めて髪を染めた中村俊輔の追憶【THE ANSWER Best of 2021】

東京五輪の開催で盛り上がった2021年のスポーツ界。「THE ANSWER」は多くのアスリートや関係者らを取材し、記事を配信したが、その中から特に反響を集めた人気コンテンツを厳選。「THE ANSWER the Best Stories of 2021」と題し、改めて掲載する。今回は連載「松田直樹を忘れない 天国の背番号3への手紙」から、横浜FC中村俊輔が登場。松田さんは2011年の夏、所属していた松本山雅の練習中に急性心筋梗塞で倒れ、8月4日、帰らぬ人に。34歳の若さだった。早すぎる別れから10年。横浜F・マリノスでともに戦った希代のファンタジスタが想いを明かした。(構成=藤井 雅彦)

2010年の松田直樹さん(左)、中村俊輔(右前)とともにマリノスを長年支えた【写真:Getty Images】
2010年の松田直樹さん(左)、中村俊輔(右前)とともにマリノスを長年支えた【写真:Getty Images】

「THE ANSWER the Best Stories of 2021」、10年目の夏に天国の背番号3へ明かした想い

 東京五輪の開催で盛り上がった2021年のスポーツ界。「THE ANSWER」は多くのアスリートや関係者らを取材し、記事を配信したが、その中から特に反響を集めた人気コンテンツを厳選。「THE ANSWER the Best Stories of 2021」と題し、改めて掲載する。今回は連載「松田直樹を忘れない 天国の背番号3への手紙」から、横浜FC中村俊輔が登場。松田さんは2011年の夏、所属していた松本山雅の練習中に急性心筋梗塞で倒れ、8月4日、帰らぬ人に。34歳の若さだった。早すぎる別れから10年。横浜F・マリノスでともに戦った希代のファンタジスタが想いを明かした。(構成=藤井 雅彦)

【特集】身近になったフィギュアスケート 元トップ選手が伝えたい競技の魅力 / フィギュアスケート・中野友加里さんインタビュー(GROWINGへ)

 ◇ ◇ ◇

 中村俊輔が横浜マリノスに加入したのは1997年のこと。

 その前年の1996年にはアトランタ五輪が行われ、川口能活や松田直樹らを擁する日本が優勝候補のブラジルを破って「マイアミの奇跡」を成し遂げた。

 桐光学園を高校サッカー選手権準優勝に導くなど、その名を全国に轟かせていた中村だが、住む世界がまったく違う先輩たちとすぐに対等な関係を築けるはずがなかった。

「僕の1つ上の年齢の選手がいなくて、2つ上の先輩がマツさん、さらにその1つ上に川口能活さんもいました。比較的身近なはずの存在が日本代表や五輪代表といった肩書きを持っていて、自分にとっては雲の上の人たちばかり。だからプロになってすぐマツさんと頻繁にコミュニケーションを取っていた記憶はありません」

 それでも中村は実力と才能を見込まれ、ルーキーイヤーから名門クラブの一員としてピッチに立つ。

 さらなるレベルアップを求めてパーソナルトレーナーの門を叩いた。

「能活さんの紹介でパーソナルトレーナーに指導を受けるようになって、そこにマツさんもいました。僕自身はプロ2年目にレギュラーとして試合に出る機会が増えて、その頃からマツさんに声をかけてもらえるようになって。3年目に入った頃にはプライベートでも食事に連れて行ってもらい、いろいろなことを教わりました」

 酒を飲まない中村は運転席に、そして松田直樹は助手席にドカッと腰掛ける。

 横浜から都内へと車を走らせ、今まで知らなかった世界へ飛び込んでいく。

「マツさんに『もっと世界を広げたほうがいいぞ』と言われたことを覚えています。当時の僕はとにかくサッカーのことしか考えていなくて、家とグラウンドの行き来しかしていなかった。マツさんからすると、つまらない人間に見えたのかもしれない。僕にサッカー以外の世界を見せて、教えてくれたのはマツさんです。その経験によって社交性を学ぶことができて、人間としての深さなどを意識できるようになりました。それにマツさんが檄を飛ばせばチームの雰囲気が引き締まるし、ピッチ内外で存在感は絶大でした」

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
高木美帆が選んだのは、ワコールのスポーツブラでした
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集