[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平が“落とし物拾い” 敵ファンも虜の優しい一面が日米話題「真のイケメンだ」【二刀流の衝撃2021】

米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手は今季打って46本塁打、投げて9勝と二刀流で席巻。ア・リーグMVPを受賞するなど、日米を熱狂させた。そんな歴史的シーズンを「二刀流の衝撃2021」と題し、グラウンド内外のさまざまな名場面を振り返る。今回は4月、敵地ファンへの“神対応”だ。左翼守備に就いた際、観客が落としたサングラスを拾い、投げ返してあげたシーンが話題に。日米のファンから注目を集めていた。

エンゼルスの大谷翔平【写真:AP】
エンゼルスの大谷翔平【写真:AP】

「大谷翔平の名場面総集編」4月、大谷が投げ返したファンの落とし物とは?

 米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手は今季打って46本塁打、投げて9勝と二刀流で席巻。ア・リーグMVPを受賞するなど、日米を熱狂させた。そんな歴史的シーズンを「二刀流の衝撃2021」と題し、グラウンド内外のさまざまな名場面を振り返る。今回は4月、敵地ファンへの“神対応”だ。左翼守備に就いた際、観客が落としたサングラスを拾い、投げ返してあげたシーンが話題に。日米のファンから注目を集めていた。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 大谷の人柄が現れた一コマだ。アストロズ戦の8回、DHを解除して左翼の守備についた大谷。フェンス際で何かを拾ったようだ。高さ19フィート(約5.8メートル)のフェンスの上に、下から優しく投げ入れた。これをアストロズのユニフォームを纏ったスタンドの観客がキャッチ。どうやらサングラスだったようで、受け取ると嬉しそうな仕草を見せていた。

 4月24日(日本時間25日)の試合。大谷が見せた振る舞いに、米スポーツ専門メディア「ジ・アスレチック」のファビアン・アルダヤ記者が注目。ツイッターに「ショウヘイ・オオタニがサングラスを落としたファンに届けている。プロの外野手の動きだ」と添えて映像付きで投稿した。

 これに米ファンからは「本気でこの男が大好きだ」「今季はなんでもやるんだね」などとコメントが寄せられていたが、「人情味のある行動」「日本人の誇り」「こうして他チームのファンの心を鷲掴みに」「神対応」「真のイケメンだ」「敵味方なく愛される男」と日本人からも反響が集まっていた。

 渡米後初の左翼守備に就いたこの試合では、6号ソロも放つなどファンを魅了した。今季はフィールドに落ちているゴミを拾う姿などにも注目が集まった背番号17。落とし物を拾ったこのシーンも、同様に日米ファンの話題となっていた。

(THE ANSWER編集部)

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集