[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「日本の天ぷらと冷うどんは最高だ」 米記者が制限下でも楽しんだ極上の日本食セット【東京五輪総集編】

2021年夏に東京五輪・パラリンピックが開催され、世界のアスリートが熱戦を繰り広げた。1年延期に無観客という未曾有の環境下、多くの海外選手やメディアが舞台裏をSNSで発信。日本文化の魅力を世界に伝えるなど、競技外も盛り上がった。そんな出来事を「東京五輪総集編」と題し、振り返る。今回は、行動制限の中にあった海外記者が楽しんだ日本食だ。コロナ対策が敷かれ、限られた中での写真を公開。「最高に良い」「東京のものはずっと美味しい」などと感想を記載していた。

行動制限の中にあった海外記者が日本食をレポート【写真:AP】
行動制限の中にあった海外記者が日本食をレポート【写真:AP】

競技外も盛り上がった「東京五輪総集編」、海外記者が日本食レポート

 2021年夏に東京五輪・パラリンピックが開催され、世界のアスリートが熱戦を繰り広げた。1年延期に無観客という未曾有の環境下、多くの海外選手やメディアが舞台裏をSNSで発信。日本文化の魅力を世界に伝えるなど、競技外も盛り上がった。そんな出来事を「東京五輪総集編」と題し、振り返る。今回は、行動制限の中にあった海外記者が楽しんだ日本食だ。コロナ対策が敷かれ、限られた中での写真を公開。「最高に良い」「東京のものはずっと美味しい」などと感想を記載していた。

【特集】身近になったフィギュアスケート 元トップ選手が伝えたい競技の魅力 / フィギュアスケート・中野友加里さんインタビュー(GROWINGへ)

 日本食を楽しんでいた。AP通信のティム・レイノルズ記者は「私が日本滞在中に感じたことをシリーズにして提供していきます」とツイート。投稿したのは冷やしうどんと天丼のセットだ。「日本の天ぷらと冷たいうどんは最高に良い。オリンピックが始まったと感じている」とつづった。

 続く投稿には、苦い思い出も記している。美味しそうなネタが載った出前寿司の写真を掲載。「私が寿司を初めて食べたのは2000年にメッツが主催したワールドシリーズのパーティーのときである。その夜はほぼ食中毒だったと思う」と米国での21年前の出来事を記し、「東京の寿司はそれよりずっと美味しい」とした。

 またコンビニで購入したとみられる牛丼の写真も投稿。「ロウリーズ・ザ・プライムリブ(米国で創業のプライムリブ専門店)が好きな人はこの牛丼が何なのか知っている。これは東京バージョンだ」とつづっていた。五輪が開幕する直前から、このように紹介していたレイノルズ記者。当時は行動制限が敷かれる中で、自由に外出もままならない状況だったが、そんな中でも日本の食事は楽しめていたようだ。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集