[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

稲見萌寧、16歳で知った日の丸の重圧 喋れないほど泣き、5年後に叶えた「世界で活躍」【THE ANSWER Best of 2021】

コーチとの喧嘩は日常茶飯事「妥協はしたくない」

 昨年10月、ツアー通算2勝目のかかった最終日。ピンまで100ヤード以上残されていても「朝から全部入れる気満々だった」と強気に攻めた。プレーオフの末に優勝。オフは猛烈なキックボクシングで体を鍛えた。今年は開幕から3か月で5勝。優勝翌日だとしても「勝とうが負けようがやっている。勝てるだけ勝ちたい」と、当たり前のように朝から筋トレに励む。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 意見が合わず、19歳上の奥嶋誠昭コーチと喧嘩するのも「日常茶飯事」と笑う。「我慢をしないといけないところもあるけど、妥協はしたくない。私は思ったことを直接全て言葉にするので、喧嘩になることもあります」。練習が長時間に及び、コーチですら「帰りたい」と悲鳴を上げたこともあるほどだ。

 涙を流した16歳の夏から5年。左肩には日の丸が光る。「JAPAN」のロゴが入ったウェアを堂々と着こなした。リディア・コ(ニュージーランド)と銀メダルを懸けたプレーオフ。海外メジャー2勝の元世界ランク1位に物怖じすることなく勝ち切った。

「日の丸を背負ってメダルを獲れるのは本当に嬉しいこと。人生の中で一番の名誉です。(日本初のメダル獲得で)重大な任務を果たせた。私はプレーオフの勝率が100%なので、やると決まった時は『勝ちに行こう』と話をして行きました。楽しかったです」

 表彰式で堂々とメダルを提げた姿は、5年間の努力の重さを感じさせた。

(THE ANSWER編集部)

DAZNで好きなスポーツ、好きなだけ。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集