[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 第1セット0-6から逆転で8強へ ツォンガが錦織撃破の要因語る

第1セット0-6から逆転で8強へ ツォンガが錦織撃破の要因語る

男子テニスの世界ランキング4位・錦織圭(日清食品)は3日、マスターズ・パリ大会シングルス3回戦で同13位のジョー=ウィルフリード・ツォンガ(フランス)に6-0、3-6、6-7で逆転負けを喫した。

20161104_tsonga

「反応も良くなったし、よりアグレッシブになれた」

 男子テニスの世界ランキング4位・錦織圭(日清食品)は3日、マスターズ・パリ大会シングルス3回戦で同13位のジョー=ウィルフリード・ツォンガ(フランス)に6-0、3-6、6-7で逆転負けを喫した。この試合で第1セットをわずか22分で先取した錦織だったが、“ある出来事”が逆転負けの引き金となったという。ATPワールドツアーの公式サイトがレポートしている。

 錦織は序盤で相手を圧倒。わずか22分間で第1セットを先取した。ツォンガが0-6でセットを失うのは昨年の上海マスターズ、ラファエル・ナダル(スペイン)戦以来の屈辱だったという。直後、地元選手のふがいない内容に大ブーイングが鳴り響いたが、これがツォンガの闘志に火をつけたという。

「僕のリアクションは、わかったよ、みんな僕に不満なんだろ、という感じだった。でも問題ない。自分の最高のテニスを続けるだけだった。ブーイングしてくれることは僕にとってもいいことだった。反応も良くなったし、よりアグレッシブになれたんだ」

 記事の中でツォンガはそう語り、母国のファンからのブーイングでパフォーマンスが向上したことを告白したという。その後、31歳は錦織から2セットを連取し、準々決勝進出を決めた。ツォンガは昨年のナダル戦でも0-6で第1セットを奪われてから逆転している。母国のファンからの“叱咤激励”が勝利の要因となったようだ。

【了】

ジ・アンサー編集部●文 text by The Answer

全国高体連公式 インターハイ応援サイト
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー