[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

菊池雄星、米サイトは年俸9億円予想 FA格付け50位「オプション行使確実と思ったが…」

米大リーグ・マリナーズの菊池雄星投手は1年1300万ドル(約14億8000万円)の来季契約オプションを行使せず、FAになった。米データ会社では今オフのFAトップ50を格付けし、菊池は50位で登場。新たな契約については単年800万ドル(約9億円)と予想している。

今季マリナーズに所属した菊池雄星【写真:Getty Images】
今季マリナーズに所属した菊池雄星【写真:Getty Images】

マリナーズからFAに…契約オプション行使せず

 米大リーグ・マリナーズの菊池雄星投手は1年1300万ドル(約14億8000万円)の来季契約オプションを行使せず、FAになった。米データ会社では今オフのFAトップ50を格付けし、菊池は50位で登場。新たな契約については単年800万ドル(約9億円)と予想している。

【特集】競技復帰を決意させた東京パラリンピック 未来へ繋ぐ感謝のバトン / パラバドミントン・鈴木亜弥子さんインタビュー(GROWINGへ)

 米データサイト「ファングラフス」は、同サイトのベン・クレメンス記者の主観をメインにした「2022年トップ50フリーエージェント」という企画を実施。今オフにFAとなる選手を格付けしたもので、1位はアストロズのカルロス・コレア内野手だった。平均予想では8.27年契約で、年俸2940万ドル(約33億5000万円)、総額2億4350万ドル(約278億円)と算出している。

 一方、マリナーズとの契約オプションを行使しなかった菊池は50番目に登場。寸評では「我々は先週までキクチをこのリストに入れていなかった。マリナーズが4年契約のオプションを断った後、彼は2022年の選手オプションを行使することは確実と思われていた」と説明している。

 菊池について、同記者は「彼はオプトアウトしたが、彼が断った以上のオファーを手にできるとは思えない。少なくともアメリカでは」と予想。「彼は2020年から球速を増したが、結果には表れなかった」とも指摘し、菊池の今季の奪三振(163)と四球(62)の数やハードヒット率に言及していた。

 菊池は今季29試合で登板し、7勝9敗、防御率4.41。前半は好調で初めて球宴にも選出されたが、終盤戦は先発ローテーションから外れていた。寸評ではMLBのほか、日本球界復帰も選択肢と予想。クレメンス記者は来季年俸を単年800万ドルと算出していた。

(THE ANSWER編集部)

J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集