[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

勝利確信の8歳少年ファンに悲劇 撮られていた“悲しい背中”に米同情「心が痛むよ」

8日(日本時間9日)に行われた米プロバスケットボール(NBA)のグリズリーズ対ティンバーウルブズは延長に突入する接戦になった。この試合で注目を浴びたのはグリズリーズファンの少年。勝利を確信したが、相手選手に同点ブザービートを決められてがっくり。その様子を米メディアが公開すると「心が痛む」「これがスポーツなんだよ」などと同情の声が集まった。

8歳少年ファンの“悲しい背中”が注目を浴びている(画像は「オーバータイム」公式ツイッターのスクリーンショットより)
8歳少年ファンの“悲しい背中”が注目を浴びている(画像は「オーバータイム」公式ツイッターのスクリーンショットより)

グリズリーズ対ティンバーウルブズでの一コマ

 8日(日本時間9日)に行われた米プロバスケットボール(NBA)のグリズリーズ対ティンバーウルブズは延長に突入する接戦になった。この試合で注目を浴びたのはグリズリーズファンの少年。勝利を確信したが、相手選手に同点ブザービートを決められてがっくり。その様子を米メディアが公開すると「心が痛む」「これがスポーツなんだよ」などと同情の声が集まった。

【特集】競技復帰を決意させた東京パラリンピック 未来へ繋ぐ感謝のバトン / パラバドミントン・鈴木亜弥子さんインタビュー(GROWINGへ)

 哀愁漂う背中だった。ホーム・グリズリーズのユニホームを身に纏い応援する少年ファン。3点リードで迎えた第4クオーター(Q)最終盤。ブザーが鳴り、少年は勝利を確信。両手を突き上げた。しかし、ティンバーウルブズのカール・アンソニー・タウンズがコート中央のロゴ近くから3ポイントを決めたのだ。同点に追いつかれ、突き上げた両手をそのまま顔へ。背中から“オーマイガー”が聞こえてくるようだった。

 この少年ファンの姿を公開したのは米メディア「オーバータイム」の公式ツイッター。「少年は試合が終わったと思ったのに」と文面に綴ると「心が痛む」「私もだよ」「これがスポーツなんだよ」「彼はこの先の人生KAT(タウンズの愛称)を嫌うことになるね」などと反響が集まった。

 しかし、延長戦の末にグリズリーズが125-118で勝利。動画の投稿主の文面によると、この日が8歳の誕生日だったという。後味の悪いバースデーにならずに胸をなでおろすことができたはずだ。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集