[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

世界1位、ジョンソンのスーパーバックスピンにPGA興奮の「スピン!」7連発

米男子ゴルフのWGCメキシコ選手権が1日、開幕。世界ランク1位で前年覇者のダスティン・ジョンソン(米国)が、初日からスーパーショットで魅せた。米NO1の飛ばし屋として知られるジョンソンだが、アイアンショットも抜群。PGAツアー公式ツイッターが“スーパーな”バックスピンショットを紹介し、話題を集めている。

ダスティン・ジョンソン【写真:Getty Images】
ダスティン・ジョンソン【写真:Getty Images】

世界ランク1位のジョンソンが強烈バックスピンで、ホールインワンまで10センチ

 米男子ゴルフのWGCメキシコ選手権が1日、開幕。世界ランク1位で前年覇者のダスティン・ジョンソン(米国)が、初日からスーパーショットで魅せた。米NO1の飛ばし屋として知られるジョンソンだが、アイアンショットも抜群。PGAツアー公式ツイッターが“スーパーな”バックスピンショットを紹介し、話題を集めている。

【特集】日本のエースはなぜ畳に上がるのか 「勝ち続けることで違う境地に」 / 男子柔道・大野将平インタビュー(GROWINGへ)

「スピン、スピン、スピン、スピン、スピン、スピン、スピン!あと一歩だったダスティン・ジョンソンが観衆をうならせた」

 PGA公式ツイッターが、こう興奮気味につづったスーパーショットは17番、パー3(172ヤード)だった。ジョンソンのアイアンショットはピン奥3メートルに着弾すると、そこから急激なバックスピンでピンへ向かった。2メートル、1メートル、50センチ…、もうひと転がりというところで、止まった。約10センチにつけるショットに、ギャラリーからは大歓声があがった。

 このキレキレな一打を、英米メディアが次々と速報。英衛星放送「スカイ・スポーツ」は「ダスティン・ジョンソンがホールインワンを紙一重で逃す」と題し、「世界No.1が水上を駆け抜けるホールで完璧なティーショットを生み出した。適切なグリーンの落としどころを見極めるだけに留まらず、スピンバックで目標まであと一歩のところまで迫った」と伝えた。

 米紙「USAトゥデー」も「この日ジェットコースターのような浮き沈みを繰り返していたJDだが、8ホール目にはほんのわずか及ばなかったエース未遂を披露してみせた」とピンまで10センチまで迫ったショットを称賛した。

 初日は首位から5打差の2アンダー、13位での発進となったDJ。1月には433ヤードの“エース未遂”など、世界を驚かせる続ける名手から今週も目が離せそうにない。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集