[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「フィギュアで5回転ジャンプは見られるのか」 米メディアが“究極のテーマ”を検証

求められる“空中の姿勢”の追求…生体力学者「体を中心に5%寄せれば…」

 机上の理論を氷上で実証することは、そう簡単にいかないだろう。選手たちの筋力的な強化が必要となり、半面、故障のリスクもある。一筋ではいかないことは明白だ。

【特集】若き天才ジャンパーはなぜ飛躍したのか 快挙の裏にあったメンタルの成長 / 男子スキージャンプ・小林陵侑インタビュー(GROWINGへ)

 ただし、記事によると、ISU公認大会で史上初の4回転ジャンプを成功させたカナダのカート・ブラウニング氏は5回転ジャンプは簡単ではないと指摘した一方で「人間の心に『NO』と言えば、その心が方法(もしくは答え)を見つけるだろう」とも指摘。人間は不可能を可能にする存在であるとも見解を述べている。

 ブラウニング氏が4回転ジャンプを初めて成功させたのは1988年。それから30年、フィギュア界は近年、急速な進化を見せている。そう考えれば、どんな未来が待っているかは分からない。ただ、スケーターそれぞれが、常に高みを見据え、挑戦を続けていくことは確かだ。

(THE ANSWER編集部)

ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集