[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平に最強二遊間が爆笑 塁上で生まれた交流に米記者関心「絶対に面白い会話だ」【9月の二刀流】

米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手はここまで投手として9勝、打者として45本塁打。トップと3本差となっている本塁打王争いも、残り3試合となっている。今回は「9月の二刀流」と題し、終盤戦の印象的なシーンを振り返る。10日(日本時間11日)のアストロズ戦では44号ソロを放ったが、この試合では塁上で相手二遊間の選手と談笑。人気ぶりが敵軍にも浸透している様子が見られた。

エンゼルスの大谷翔平【写真:AP】
エンゼルスの大谷翔平【写真:AP】

9月の躍動を振り返る、44号を放った試合での談笑が注目

 米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手はここまで投手として9勝、打者として45本塁打。トップと3本差となっている本塁打王争いも、残り3試合となっている。今回は「9月の二刀流」と題し、終盤戦の印象的なシーンを振り返る。10日(日本時間11日)のアストロズ戦では44号ソロを放ったが、この試合では塁上で相手二遊間の選手と談笑。人気ぶりが敵軍にも浸透している様子が見られた。

【注目】インターハイ2021「できっこないを、やる夏だ。」 インターハイ応援プロジェクト特設サイトはこちらから

 大谷を中心に笑顔が広がった。四球で出塁し、二塁に進塁した3回2死一、二塁の場面だ。相手バッテリーがタイムを取ると、二塁手のホセ・アルトゥーベ内野手が二塁走者の大谷のもとに歩み寄った。これに遊撃手のカルロス・コレア内野手も加わる。腕を組んだ大谷と談笑し、最後は大谷の一言にアルトゥーベが大笑い。微笑ましいひと幕だった。

 アルトゥーベといえば、ワールドシリーズ制覇した2017年のシーズンMVPを獲得したスター選手。コレアも2012年ドラフト全体1位でアストロズに入団し、チームを牽引している遊撃手だ。地元紙「ヒューストン・クロニクル」のアストロズ番、チャンドラー・ローマ記者もツイッターで「カルロス・コレア、ホセ・アルトゥーベ、ショウヘイ・オオタニが二塁付近で話している。絶対に面白い会話だろう」と関心を寄せていた。

 またAP通信によると、試合後にコレアは大谷について言及。「彼はスペシャルな打者であり、スペシャルな選手だ」「タイミングの取り方が上手い。打席ではシンプルなんだ。余計なことは何もしていない。それが、彼が素晴らしい選手である所以だ」と称賛したという。

 大谷が出塁すると、守備側の相手野手が話しかけ、談笑するシーンは今季多く見られている。関心が選手の間でも高まっていることの裏返しだろう。今季も残り3試合。歴史的なシーズンを最後まで目に焼き付けたい。

(THE ANSWER編集部)

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集