[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ドネア、カシメロ戦実現を捨てず 両者に別の選手と対戦指令も「全ては彼ら次第だ」

ボクシングのWBC世界バンタム級王者ノニト・ドネアがインスタグラムを更新し、4人の自分が写った画像を公開。WBCから暫定王者レイマート・ガバリョとの対戦指令を出されたが、WBO王者ジョンリエル・カシメロ(いずれもフィリピン)との統一戦の可能性実現について言及している。

ノニト・ドネア【写真:Getty Images】
ノニト・ドネア【写真:Getty Images】

ドネアはカシメロ陣営の問題を指摘

 ボクシングのWBC世界バンタム級王者ノニト・ドネアがインスタグラムを更新し、4人の自分が写った画像を公開。WBCから暫定王者レイマート・ガバリョとの対戦指令を出されたが、WBO王者ジョンリエル・カシメロ(いずれもフィリピン)との統一戦の可能性実現について言及している。

【注目】インターハイ2021「できっこないを、やる夏だ。」 インターハイ応援プロジェクト特設サイトはこちらから

 可能性は残されているのか。ドネアは青いグラブを装着した画像を公開。自分ばかり4人が写っているが、文面にはこうつづっている。

「カシメロとのフェイスオフの後、彼らが前に進む前に解決しなければいけない(カシメロ側の)内部問題があるようです。平和的に解決することを祈っています。ガバリョは指名挑戦者。でも、これがボクシングであることはみんな理解しているし、私が知る限りショーン(・ギボンズ)はガバリョとカシメロの両者を管理しています。もし、カシメロとショーンが彼らの問題を解決したら、ガバリョが退く可能性もある。いずれにせよ現時点で全ては彼ら次第です」

 ドネアはWBCからガバリョとの、カシメロはWBOから同級1位ポール・バトラー(英国)との対戦指令が出されたばかりだ。しかし、カシメロのプロモーターを務めるギボンズ氏を含めた相手陣営が動きを見せれば、対戦が実現する可能性があることを説明している。

 両者は8月に対戦予定だったが、カシメロがドーピング検査拒否を示唆したことを引き金に、ドネアが試合をキャンセル。カシメロはドネアの代わりにギジェルモ・リゴンドー(キューバ)と対戦し、判定勝ちしていた。次戦の交渉が進められてきた中、ドネアはこれまでカシメロに対戦を拒否されたと主張していた。

 同級では、WBAスーパー&IBF王者に井上尚弥(大橋)が君臨。4団体統一を望んでいるだけに、他団体王者の動向は大きく影響する。ドネアは今回の投稿の最後に「誰がリングに上がろうと、私は12月に戦います」と強調している。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集