[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

寺地拳四朗の王座陥落は「大きな衝撃」 権威あるリング誌も報道「最大の番狂わせ」

WBC世界ライトフライ級タイトルマッチ12回戦が22日に京都市体育館で行われ、王者・寺地拳四朗(BMB)が挑戦者の同級1位・矢吹正道(緑)に10回TKO負けし、王座陥落した。現役屈指の安定感を誇る王者として君臨していたが、プロ初黒星で9度目の防衛に失敗。海外メディアも「今年最大の番狂わせ」「未だにショック」と衝撃を伝えている。

寺地拳四朗(撮影は2019年)【写真:荒川祐史】
寺地拳四朗(撮影は2019年)【写真:荒川祐史】

寺地拳四朗はV9ならず、海外メディアも報道

 WBC世界ライトフライ級タイトルマッチ12回戦が22日に京都市体育館で行われ、王者・寺地拳四朗(BMB)が挑戦者の同級1位・矢吹正道(緑)に10回TKO負けし、王座陥落した。現役屈指の安定感を誇る王者として君臨していたが、プロ初黒星で9度目の防衛に失敗。海外メディアも「今年最大の番狂わせ」「未だにショック」と衝撃を伝えている。

【注目】インターハイ2021「できっこないを、やる夏だ。」 インターハイ応援プロジェクト特設サイトはこちらから

 最も権威あるボクシングの米専門誌「ザ・リング」は「マサミチ・ヤブキがケンシロウ・テラジ相手に凄まじいアップセット、ライトフライ級のベルト獲得」との見出しで記事を掲載。「今年最大の番狂わせの一つだ」「マサミチ・ヤブキがケンシロウ・テラジに10回TKOで勝利し、大きな衝撃を与えた」と伝えている。

 英ボクシング専門誌「ボクシング・マンスリー」などに寄稿するアンソニー・コックス記者もツイッターを更新。「ケンシロウ・テラジがマサミチ・ヤブキに負けたのが未だにショックだ。ケンシロウが新型コロナからきちんと回復していたのか気になる。試合は12日延期しただけだった」とつづっている。

 寺地は、具志堅用高氏の持つ日本人歴代最多の世界戦13戦連続防衛を超える目標を掲げていたが、8試合でストップ。8月末に新型コロナウイルスに感染し、当初の日程から12日延期になった末の試合だった。世界的にも評価する識者がいただけに、反響が大きかったようだ。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集