[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

二塁手に“わざと”肩タックル 白々しい走塁妨害アピールに米辛辣「汚いプレーだ」

19日(日本時間20日)に行われた米大リーグのドジャース―レッズ戦で、走塁妨害を得ようとしたドジャースの走者が、相手選手に肩からぶつかるシーンがあった。実際の映像を米メディアが公開。「わざと接触したのは明らか」などと報じているが、米ファンからは「汚いプレー」「リスペクトのない先方」などと厳しい声があがっている。

ドジャースのコーリー・シーガー【写真:Getty Images】
ドジャースのコーリー・シーガー【写真:Getty Images】

牽制で挟まれたシーガーに米メディア「審判は騙されず」

 19日(日本時間20日)に行われた米大リーグのドジャース―レッズ戦で、走塁妨害を得ようとしたドジャースの走者が、相手選手に肩からぶつかるシーンがあった。実際の映像を米メディアが公開。「わざと接触したのは明らか」などと報じているが、米ファンからは「汚いプレー」「リスペクトのない先方」などと厳しい声があがっている。

【注目】本気で野球に挑戦する親子必見! 11月6日オープン、日本最大級野球スキル動画配信サービス「TURNING POINT」とは

 まるでタックルだ。2回、ヒットで出塁したドジャースのシーガーは、牽制球で挟まれてしまった。レッズ二塁手のインディアが一塁側へ追い込み、ボールを投げる。すると、二塁へ向かおうとしたシーガーは、振り向きざまに左肩からインディアに激突。映像を見る限り、わざとぶつかりに行ったように見えるが、シーガーはインディアを指さして走塁妨害をアピールしていた。

 実際の映像を米メディア「ジョムボーイ・メディア」の公式ツイッターが公開。米紙「USAトゥデー」のスポーツ専門サイト「フォー・ザ・ウィン」は「コーリー・シーガーがランダウンで審判を騙そうとしたプレーが笑えた」との見出しを打って記事を掲載している。

 記事では「シーガーはレッズの二塁手(ジョナサン・インディア)にわざと肩をぶつけて、走塁妨害を勝ち取ろうとした。指を指してアピールまでした」「シーガーがわざとインディアに接触したということは明らかだった。審判は騙されず、シーガーにアウトを宣告した。やってみる価値はあったと思う」と冗談交じりに記載していた。

 映像を見たツイッター上の米ファンからは「汚いプレー」「リスペクトのない戦法」「悲しい」「リトルリーガーだ」「笑った」などと辛辣な声があがっている。アウトになってしまったシーガーは、次の打席で10号2ランを放つなど3打数2安打3打点。試合はドジャースが8-5で勝利している。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集