[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

国内初ツインズ連続Vの岩井明愛、土壇場で水切りショットの理由「うまくやれば…」

女子ゴルフの下部ツアーに相当する「ステップ・アップ・ツアー」の山陽新聞レディース最終ラウンド(R)が19日、岡山・東児が丘マリンヒルズGC(6367ヤード、パー72)で行われた。単独首位スタートの19歳・岩井明愛(あきえ)は6バーディー、2ボギー、1ダブルボギーの70で回り、通算8アンダー。2位に1打差で初優勝を飾った。

岩井千怜と初優勝を飾った明愛(右)【写真:Getty Images】
岩井千怜と初優勝を飾った明愛(右)【写真:Getty Images】

ステップ・アップ・ツアー山陽新聞レディース

 女子ゴルフの下部ツアーに相当する「ステップ・アップ・ツアー」の山陽新聞レディース最終ラウンド(R)が19日、岡山・東児が丘マリンヒルズGC(6367ヤード、パー72)で行われた。単独首位スタートの19歳・岩井明愛(あきえ)は6バーディー、2ボギー、1ダブルボギーの70で回り、通算8アンダー。2位に1打差で初優勝を飾った。

【注目】本気で野球に挑戦する親子必見! 11月6日オープン、日本最大級野球スキル動画配信サービス「TURNING POINT」とは

 同ツアーの前戦・カストロールレディース(1~3日)では、双子の妹・千怜(ちさと)が初優勝。レギュラーツアーも含め、国内では史上初の姉妹2試合連続優勝を成し遂げた。千怜は5オーバーで54位。明愛は優勝会見で、前戦で優勝した千怜から「とにかく強気でプレーした」ことを聞かされ、この快挙に繋げたことを明かした。

 優勝会見の一問一答は以下の通り。

――プロ初優勝を飾った率直な感想は。

「すごくうれしいです」

――最終18番で見せた水切りショットは、どういう心境で挑戦したのですか。

「第2打はエッジまで176ヤードでした。5番アイアンで打ちましたが、ドローがうまくかからなくて、池に入ってしまいました。ただ、(池の中に)ボールが見えたので、(第3打は)『いける』と思いました」

――第3打は池から出せませんでしたが。

「出ませんでしたが、感触がありましたし、ボールのある位置が(水面から)浅くなっていたので『次はいける』と思って、また打ちました」

――優勝インタビューで「水切りショットは初めて」と言っていましたが。

「はい。でも、チャレンジすることが大好きなので(笑)。『これでうまくやったら、かっこいいな』とも思いました。2位と3打差があったのもありました」

――池から出せるイメージはありましたか。

「ボールまでクラブが届くか分からなかったのですが、振ればいくかなと思いました」

――最終ホールで第2打をレイアップする考えは。

「なかったですね。でも、第2打がうまくいかなくて(池に入って)良かったです。ウォーターショットで、皆さんが楽しんでくださったので」

――水の抵抗は。

「思ったよりすごかったですね」

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集