[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

送球が塁審のこめかみ直撃 流血した恐怖シーンに米悲鳴「痛そう!」「見たことない」

13日(日本時間14日)の米大リーグの試合で、内野手が一塁へ送球した球が逸れ、塁審のこめかみに直撃するという恐ろしい事象が生まれた。カージナルス―メッツ戦の出来事を米メディアが動画で公開。流血した姿には、米ファンから「こんな光景は見たことがない」などと驚きの声があがっている。

カージナルスのエドムンド・ソーサ【写真:Getty Images】
カージナルスのエドムンド・ソーサ【写真:Getty Images】

遊撃手の送球が逸れて…米実況席も驚愕

 13日(日本時間14日)の米大リーグの試合で、内野手が一塁へ送球した球が逸れ、塁審のこめかみに直撃するという恐ろしい事象が生まれた。カージナルス―メッツ戦の出来事を米メディアが動画で公開。流血した姿には、米ファンから「こんな光景は見たことがない」などと驚きの声があがっている。

【注目】熱戦続くJリーグ見るならDAZN! 今なら1か月無料のDAZN入会はこちらから

 間違いなく痛い。2回裏、カージナルスの遊撃手エドムンド・ソーサが、二遊間への打球を掴み、一回転して一塁へ送球。これが大きく逸れ、なんとベースから離れた位置にいた塁審ジュニア・バレンタインに直撃してしまった。右のこめかみ付近に当たったようで、その場に倒れこむ。顔を手で押さえながら体を起こしたが、顔からは血が流れていた。

 米実況席からも「Oh,No~!」と悲鳴が上がった実際の映像を、米ニューヨーク地元局「スポーツネット・ニューヨーク」公式ツイッターが公開。「エドムンド・ソーサのエラー送球は一塁塁審のジュニア・バレンタインの側頭部に直撃。幸い、バレンタインは試合に出続けている」と塁審が無事であったことを伝えた。

 鋭い送球が顔面に当たるという恐ろしいシーンに、米ファンからは「こんな光景は見たことがない」「痛そう!」「こりゃひどい」「野球界で最もクレイジーなこと」「信じられない」「可哀想だ」などと反響が寄せられている。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集