[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平ホームスチールをスロー激撮 タッチ回避の決定的瞬間に反響「手に負えない」【8月の二刀流】

米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手は13日(日本時間14日)は試合なし。二刀流で過ごすシーズン、体力的に厳しい夏も離脱することなく、投げて9勝、打って44本塁打と席巻している。今回は「8月の二刀流」と題し、この夏に躍動した名シーンを振り返る。現地時間31日の本拠地ヤンキース戦ではホームスチールに成功。捕手のタッチを回避した素早い得点が注目を浴びた。

31日のヤンキース戦で本盗する大谷翔平【写真:Getty Images】
31日のヤンキース戦で本盗する大谷翔平【写真:Getty Images】

8月の躍動を振り返る、ヤンキース戦ではホームスチールに成功

 米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手は13日(日本時間14日)は試合なし。二刀流で過ごすシーズン、体力的に厳しい夏も離脱することなく、投げて9勝、打って44本塁打と席巻している。今回は「8月の二刀流」と題し、この夏に躍動した名シーンを振り返る。現地時間31日の本拠地ヤンキース戦ではホームスチールに成功。捕手のタッチを回避した素早い得点が注目を浴びた。

【注目】熱戦続くJリーグ見るならDAZN! 今なら1か月無料のDAZN入会はこちらから

 狙ったのだとしたら見事だ。5回2死一、三塁。大谷が三塁走者の場面だ。まずは一塁走者ゴスリンがディレード気味に二塁を狙う。捕手が二塁に送る間に、大谷は本塁を狙った。素早いスライディングとともに左手でベースを触れ、セーフだ。よく見ると、捕手の左脇を通すように左手を伸ばし、タッチに来るミットは足を少し動かして避けているように見える。

 本塁側からのスロー映像を、米地元紙「ロサンゼルス・タイムズ」のジャック・ハリス記者が自身のツイッターに公開。「大谷のホームスチールを別角度から」と文面で紹介した。米ファンからは「クールだ」「ヤバい」「なんてことだ」「もう手に負えない」「MVPより凄い賞あるかな?」「オオタニが『セーフ!』とする動き最高」「本当にスペシャル」などと驚きの声があがっていた。

 6、7月からペースは落ちたものの、すでに44本塁打を放っている大谷。同数で並ぶブラディミール・ゲレーロJr.(ブルージェイズ)、2本差で追うサルバトール・ペレス(ロイヤルズ)との激しい本塁打王争いを繰り広げる。足でも23盗塁を記録し、投げてもシーズン2桁勝利にあと1勝。年間2桁勝利&2桁本塁打を達成すれば103年ぶりの偉業だ。シーズンも佳境に突入するが、躍動を見せられるか。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集