[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、ピンチでねじ伏せた“支配的な”161km3連発に米熱狂「ショウが怒ってる!」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は3日(日本時間4日)、本拠地レンジャーズ戦に「2番・投手」で先発。4回には100マイル(約160.93キロ)を連発し、ピンチを切り抜けた。米投球分析家が161キロ3連発の動画を公開すると、米ファンを「ショウが怒ってる!」と熱狂させている。

レンジャーズ戦に先発し、剛速球を投げ込むエンゼルスの大谷翔平【写真:AP】
レンジャーズ戦に先発し、剛速球を投げ込むエンゼルスの大谷翔平【写真:AP】

大谷翔平が投じた剛速球とは

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は3日(日本時間4日)、本拠地レンジャーズ戦に「2番・投手」で先発。4回には100マイル(約160.93キロ)を連発し、ピンチを切り抜けた。米投球分析家が161キロ3連発の動画を公開すると、米ファンを「ショウが怒ってる!」と熱狂させている。

【注目】熱戦続くJリーグ見るならDAZN! 今なら1か月無料のDAZN入会はこちらから

 大谷が相手をねじ伏せた。2-2の4回1死二、三塁。ピンチで左打者ジェーソン・マーティンを追い込むと、最後は高めのボールゾーンへ剛速球を投げ込んだ。捕手の要求通りの位置に収まり、空振り三振。続くレオディ・タベラスの2、3球目も100マイル。3球目で一ゴロに仕留め、ピンチを脱した。

 100マイル3連発の動画を公開した「ピッチングニンジャ」の愛称で知られる米投球分析家ロブ・フリードマン氏は、文面に「100 100 100」と絵文字付きで投稿。米ファンからは「ショウが怒ってる!」「素晴らしい支配だ」「本塁打王が100マイルを投げる。こんなことができる?」「笑っちまうよ」「俺たちは凄いものを目撃している」「観ていて楽しい」と興奮した様子の声が上がっている。

 大谷は117球を投げ、7回2失点で9勝目。打者では4打数無安打、チームは3-2だった。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集