[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平に165km打球が直撃 強襲シーンに米記者も冷や汗「私の心臓が止まりそうだ」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は3日(日本時間4日)、本拠地レンジャーズ戦に「2番・投手」で先発。初回にいきなり打球を受けるシーンがあった。米記者はツイッターに動画を公開。「私の心臓が止まりそうだ」などと報じている。

初回に打球を受け、右手を気にする仕草を見せる大谷翔平【写真:AP】
初回に打球を受け、右手を気にする仕草を見せる大谷翔平【写真:AP】

大谷翔平を襲った打球の勢いは

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は3日(日本時間4日)、本拠地レンジャーズ戦に「2番・投手」で先発。初回にいきなり打球を受けるシーンがあった。米記者はツイッターに動画を公開。「私の心臓が止まりそうだ」などと報じている。

【注目】熱戦続くJリーグ見るならDAZN! 今なら1か月無料のDAZN入会はこちらから

 大谷を強襲した。初回2死一塁。大谷が投じた球を打者ネート・ロウが弾き返した。打球はワンバウンドで大谷に直撃。打球速度102.3マイル(約164.6キロ)のボールは高く跳ねたが、すぐさま拾って一塁に送球した。塁審はアウトを宣告し、好フィールディング。しかし、判定はセーフに覆った。それでも、大谷は後続を抑えて無失点で切り抜けた。

 右手を気にする仕草も見せたシーンに対し、米記者は続々とツイッターで速報。動画を公開した地元紙「ロサンゼルス・タイムズ」のジャック・ハリス記者は「これがショウヘイ・オオタニを強襲した打球だ。彼は自分の手を見ていたが、影響はない」と記して投稿した。

 米スポーツ専門局「FOXスポーツ」のアナリスト、ベン・バーランダー氏は「オオタニに打つのはやめてくれ。私の心臓が止まりそうだ」とヒヤヒヤした様子。米カリフォルニア州地元紙「オレンジ・カウンティ・レジスター」のエンゼルス番ジェフ・フレッチャー記者も「オオタニの手に打球が当たった。そして、彼は試しに数球投げてから試合に戻った」と反応している。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集