[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

宇野昌磨、“可愛すぎる”天然インタビューが話題に 「親近感」「実質金メダル」

平昌五輪は17日、フィギュアスケート男子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)で3位だった宇野昌磨(トヨタ自動車)が202.73点をマークして、合計306.90点。羽生結弦(ANA)に続く銀メダルを獲得した。宇野の競技後のテレビインタビューでの受け答えが「可愛すぎる」と話題になっている。

銀メダルを獲得した宇野昌磨【写真:Getty Images】
銀メダルを獲得した宇野昌磨【写真:Getty Images】

銀メダルの宇野昌磨の好感度が急上昇 ほのぼのインタビューに「親近感」

 平昌五輪は17日、フィギュアスケート男子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)で3位だった宇野昌磨(トヨタ自動車)が202.73点をマークして、合計306.90点。羽生結弦(ANA)に続く銀メダルを獲得した。宇野の競技後のテレビインタビューでの受け答えが「可愛すぎる」と話題になっている。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 逆転を狙った宇野は冒頭の4回転ループで転倒したが、その後のジャンプはなんとかこらえた。最後までスピードを落とさず演じ切り、ガッツポーズも出た。羽生にこそ届かなかったが、銀メダルで見事なワンツーフィニッシュを決めた。

 競技後、インタビュアーの質問に対し、「1つ目のジャンプを失敗した時点で笑えてきた。1つ目失敗した時点で、もういいやと思って、焦ることなく笑いがこみ上げてきました」とさばさば振り返り、「このあと表彰式があるが、どういう気持ちか」という問いには、「このあと表彰式があるんですか?」ときょとんとした表情。

「メダルセレモニーが夜あります」と返されると、「そんなに特別な思いはやっぱりなかったですね、最後まで」と、肩の力の抜けたなんともほのぼのとしたやり取りが展開された。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集