[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 羽生結弦は「ぶっつけ=不安材料」にならない? 米名手が分析した「秘密兵器」とは

羽生結弦は「ぶっつけ=不安材料」にならない? 米名手が分析した「秘密兵器」とは

平昌五輪のフィギュアスケート男子シングルで66年ぶりとなる大会連覇がかかる羽生結弦(ANA)。歴史的な偉業へ向け、カギとなるのは昨年11月に負傷した右足首の回復具合だろう。3か月ぶりのぶっつけで挑む偉業について、米地元紙「ワシントン・ポスト」は米国のライバル選手、五輪メダリストの見解を紹介している。

羽生結弦【写真:Getty Images】
羽生結弦【写真:Getty Images】

右足首の故障から3か月ぶりの実戦…米紙がライバル選手、五輪メダリストの見解紹介

 平昌五輪のフィギュアスケート男子シングルで66年ぶりとなる大会連覇がかかる羽生結弦(ANA)。歴史的な偉業へ向け、カギとなるのは昨年11月に負傷した右足首の回復具合だろう。3か月ぶりのぶっつけで挑む偉業について、米地元紙「ワシントン・ポスト」は米国のライバル選手、五輪メダリストの見解を紹介している。

【特集】「本当に応援したくなるような戦いを――」闘将が日本代表に伝えたいメッセージ / サッカー 田中マルクス闘莉王選手インタビュー(GROWINGへ)

 記事では「彼は準備ができているのか? それは実戦を見てみない限りは確信を持てないことだ。それは、おそらく本人もそう感じているだろう」と言及。そして、米国のライバルの見解を紹介している。

 今大会の団体戦で銅メダル獲得に貢献したアダム・リッポンは「僕はユヅルではなく、あくまでリッポンだから、本当のところはわからない」と前置きした上で、こう語ったという。

「ただ、僕が言えるのは、彼は現五輪王者であり、複数回に及ぶ世界王者でもある。彼は頂点に立つ経験を数多く持つ。だから、なんだって起こせるはずだ。彼は驚くべき選手であり、彼を優勝候補にカウントしないなんてことはありえないね」

 ソチ五輪で頂点に輝き、世界選手権を2度、GPファイナルも4度制覇。数々の国際舞台で修羅場をくぐり抜けて制し、引き出しはある。だからこそ、「ぶっつけ=不安材料」という常識は通用しないのだろう。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー