[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ホワイトは「最高の存在」 ベッカムら“世界のカリスマ”が「涙の復活V」を祝福

平昌五輪のスノーボード男子ハーフパイプ決勝で2大会ぶりの金メダルを獲得した“カリスマ”ショーン・ホワイト(米国)。全体最終で登場した最終試技で平野歩夢(木下グループ)を逆転し、華麗な逆転Vを飾った。米国の冬季五輪史上通算100個目となるマイルストーンとなり、さらにマイケル・フェルプス、デビッド・ベッカムら世界のカリスマから「最高の存在へ、おめでとう」などと祝福が集まっている。

ショーン・ホワイト【写真:Getty Images】
ショーン・ホワイト【写真:Getty Images】

フェルプス、ベッカムらが祝福「最高の存在へ、おめでとう」

 平昌五輪のスノーボード男子ハーフパイプ決勝で2大会ぶりの金メダルを獲得した“カリスマ”ショーン・ホワイト(米国)。全体最終で登場した最終試技で平野歩夢(木下グループ)を逆転し、華麗な逆転Vを飾った。米国の冬季五輪史上通算100個目となるマイルストーンとなり、さらにマイケル・フェルプス、デビッド・ベッカムら世界のカリスマから「最高の存在へ、おめでとう」などと祝福が集まっている。

【特集】一瞬で恋に落ちた新体操、その魅力「1回見たら好きになってもらえる」 / 新体操・畠山愛理さんインタビュー(GROWINGへ)

 ホワイトは競技後にインスタグラムを更新。「人生で最もアメージングな日! 我々はやってのけた」と記し、1枚の画像を公開した。

 まさに激闘を繰り広げたコースに立ち、「2」のゼッケンをつけたまま立っているホワイト。両手で大きな星条旗を掲げ、隣のコーチとともに恍惚の笑みを浮かべている。平野を最後の最後に逆転し、金メダルを獲得したホワイト。31歳にこみ上げたものは幾何だっただろう。そんな思いが表情から伝わってくる。

 “恍惚の2ショット”にファンの興奮を呼んでいたが、祝福したのはファンだけじゃなかった。世界のトップアスリートも反応している。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1、J2、J3「全試合中継」ダゾーン独占
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集