[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • “美しき親日家”コストナー、31歳が五輪で過ごした「本当に美しい一日」

“美しき親日家”コストナー、31歳が五輪で過ごした「本当に美しい一日」

平昌五輪のフィギュアスケート団体はカナダの優勝で幕を閉じたが、華やかなチーム戦で脚光を浴びた一人が、イタリアのカロリーナ・コストナーだ。31歳はショートプログラム(SP)、フリーともに演じ、4位に貢献した。メダルこそ逃したが、親日家でも知られる31歳の4度目の五輪をイタリアメディアも特集。団体戦について「本当に美しい一日だったわ」と語ったと伝えている。

カロリーナ・コストナー【写真:Getty Images】
カロリーナ・コストナー【写真:Getty Images】

4度目の五輪、女子唯一SP&FS出場で4位に貢献…団体戦に感激「いつだって嬉しくなる」

 平昌五輪のフィギュアスケート団体はカナダの優勝で幕を閉じたが、華やかなチーム戦で脚光を浴びた一人が、イタリアのカロリーナ・コストナーだ。31歳はショートプログラム(SP)、フリーともに演じ、4位に貢献した。メダルこそ逃したが、親日家でも知られる31歳の4度目の五輪をイタリアメディアも特集。団体戦について「本当に美しい一日だったわ」と語ったと伝えている。

【特集】「走り」で人は変われる 子どもが運動会でヒーロー・ヒロインになる方法 / 陸上 伊藤友広さん、秋本真吾さん(GROWINGへ)

 31歳となっても、コストナーの情熱は衰えることがなかった。SPで75.10点の高得点をマークし、カナダのケイトリン・オズモンド、日本の宮原知子らを抑えて2位。チームのフリー進出に大きく貢献した。さらに、他4か国がメンバーを替えて挑んだフリーも演じ、134.00点をマーク。4位となったが、美しいスケーティングは多くのファンの心を打った。

 チームとしても総合4位。イタリアメディア「OAスポーツ」は「イタリアは団体戦でのメダル獲得に失敗した。不運なことに、明暗を分けたのはコストナーのフリーだった。ミスが決して大きくなくないものだったが、OARはもちろんのこと、アメリカも見事な演技を披露し、相対的に状況は難しくなった」と展開を振り返りながら、本人のコメントを紹介している。

「私はワンダー・ウーマンじゃない。人間よ。ミスをしてしまうこともある」とベテランらしく振り返ったコストナー。「調子が良い悪いに関係なく、小さいミスの2つくらいは出してしまう。完璧なのは、ほんの1、2人の領域」とも語ったという。しかし、個人の出来、不出来よりも持てるすべてを出し切った戦いには、感慨深いものがあったようだ。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー