[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平も首振った まさかの三振ストライク判定に米記者「30cm近く外れていた」

米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手は10日(日本時間11日)、敵地マリナーズ戦に「2番・指名打者」で先発出場。第3打席は外角に外れる変化球を見送ったが、ストライク判定で三振に倒れた。米記者からはチャート図や動画を駆使し、「30センチ近く外れていた」と指摘する声が上がった。

マリナーズ戦に「2番・指名打者」で先発出場しているエンゼルスの大谷翔平【写真:Getty Images】
マリナーズ戦に「2番・指名打者」で先発出場しているエンゼルスの大谷翔平【写真:Getty Images】

第3打席で外角に外れる変化球を見送るも…

 米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手は10日(日本時間11日)、敵地マリナーズ戦に「2番・指名打者」で先発出場。第3打席は外角に外れる変化球を見送ったが、ストライク判定で三振に倒れた。米記者からはチャート図や動画を駆使し、「30センチ近く外れていた」と指摘する声が上がった。

【注目】スポーツ好きなら活用すべし アスリートとサポーターを“つなぐ”『チアスタ!』の教科書

 大谷の6回の第3打席、カウント2-2から右腕フレクセンが投じたのはチェンジアップ。外に逃げていく球を大谷は自信を持って見送った。外角低めに外れたように見えたが、判定はストライクとなり三振に。思わず手を振った大谷は首も振り、判定に驚いた様子だった。

 これには米記者からもツイッター上で指摘の声が続々。MLB公式サイトのエンゼルス番レット・ボリンジャー記者は「オオタニはストライクゾーン外のチェンジアップを取られ、ダグアウトに戻る際にカーウィン・ダンリー球審に対し手を振って、判定への不満を示した」と伝えた。

 スポーツメディア「ジ・アスレチック」のエンゼルス番サム・ブラム記者も「ショウヘイ・オオタニは、プレートから大きく外れた球を3つ目のストライクと判断された」とつづった。

 米カリフォルニア州地元紙「オレンジカウンティ・レジスター」などに寄稿するコラムニスト、ジム・アレクサンダー氏は「オオタニは今夜、1フィート(約30.48センチ)近く外れたボールをストライク判定され、アウトを奪われた」と指摘した。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
VIOフェリエ
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集