[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、巨大看板越えの138m弾! 飛ばし過ぎ24号に米記者衝撃「マジで爆弾が爆発」

米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平投手は25日(日本時間26日)、敵地のレイズ戦に「1番・DH」で先発出場。初回の第1打席で24号本塁打を放った。自身メジャー初となる初回先頭打者弾で、メジャートップタイに並んだ。右翼の看板を越える飛距離453フィート(約138.1メートル)の特大弾に米記者からは賛辞が沸き起こっている。

初回の第1打席で24号本塁打を放った大谷翔平【写真:Getty Images】
初回の第1打席で24号本塁打を放った大谷翔平【写真:Getty Images】

敵地レイズ戦で「1番・DH」で先発、スタットキャスト導入以降で最速の先頭打者弾

 米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平投手は25日(日本時間26日)、敵地のレイズ戦に「1番・DH」で先発出場。初回の第1打席で24号本塁打を放った。自身メジャー初となる初回先頭打者弾で、メジャートップタイに並んだ。右翼の看板を越える飛距離453フィート(約138.1メートル)の特大弾に米記者からは賛辞が沸き起こっている。

【注目】熱戦続くJリーグ見るならDAZN! 今なら1か月無料のDAZN入会はこちらから

 どこまで飛ばすのか。初回の第1打席、大谷はカウント1-1からの3球目、右腕キトレッジの90マイル(約145キロ)をスイングすると、凄まじい勢いの打球が右翼方向へ。高々と舞い上がった打球は勢いを失うことなく、右翼席に設置されている巨大看板のさらに上に着弾した。

 本人も打った瞬間確信した一発は飛距離453フィートで、打球速度116.1マイル(約186.8キロ)。メジャートップタイに並ぶ規格外の24号にツイッター上の米記者も驚くばかりだ。

 米スポーツ専門サイト「ジ・アスレチック」などに寄稿していたブレント・マグワイア記者は「ショウヘイ・オオタニのキャリア初の先頭打者本塁打はマジで爆弾が爆発したようだった」と衝撃を伝え、MLB公式サイトのエンゼルス番レット・ボリンジャー記者も「凄い。ショウヘイ・オオタニがトロピカーナ・フィールドで24号となる先頭打者弾を決めた」と伝えた。

 MLB公式サイトのデータ解析システム「スタットキャスト」担当のデビッド・アドラー記者も「ショウヘイ・オオタニの今日の116.1マイルの本塁打はスタットキャスト開始以降、最も打球速度の速い先頭打者本塁打だった」と規格外の超速先頭打者アーチだったことを紹介している。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集