[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平は「デグロムになれる」 通算213勝&154セーブの殿堂入り右腕が太鼓判

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は23日(日本時間24日)、ジャイアンツ戦に「2番・投手」で先発。投げては6回6安打1失点、9奪三振の力投を見せた。チームは敗れ4勝目とはならなかったが、ブレーブスなどで通算213勝を挙げた名投手ジョン・スモルツ氏は「投手に専念した場合、彼はデグロムになれる」と太鼓判を押しているようだ。

ジャイアンツ戦で6回6安打1失点、9奪三振と好投した大谷翔平【写真:Getty Images】
ジャイアンツ戦で6回6安打1失点、9奪三振と好投した大谷翔平【写真:Getty Images】

23日のジャイアンツ戦で6回1失点と好投

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は23日(日本時間24日)、ジャイアンツ戦に「2番・投手」で先発。投げては6回6安打1失点、9奪三振の力投を見せた。チームは敗れ4勝目とはならなかったが、ブレーブスなどで通算213勝を挙げた名投手ジョン・スモルツ氏は「投手に専念した場合、彼はデグロムになれる」と太鼓判を押しているようだ。

【注目】熱戦続くJリーグ見るならDAZN! 今なら1か月無料のDAZN入会はこちらから

 この日は99マイル(約159キロ)の唸る速球、落差の大きいスプリットなどで三振を奪った大谷。米放送局「MLBネットワーク」公式ツイッターは、スモルツ氏が大谷について語る映像を公開している。

 打でも今季23本塁打を記録している大谷だが、スモルツ氏は「これだけは言えます。デグロムが持っているものをオオタニも全て持っていると」と、メッツの絶対的エース、ジェイコブ・デグロムと比較して絶賛した。

 スモルツ氏は最多勝2度、最多セーブ1度と先発、救援の両方で活躍。通算213勝、154セーブを記録し、米野球殿堂入りも果たしている名投手だ。この日の大谷の投球については「チームは勝つことはできませんでしたが、100球以上を投げてグレートゲームでした」と、105球を投げて失点はソロ本塁打1本のみだったことを評価。

 18、19年と2年連続でサイ・ヤング賞に輝いたデグロムは、今季12試合、72回を投げて防御率0.50と驚異的な成績を残している。スモルツ氏は「腕の状態が万全であり、もし投手に専念した場合、彼はデグロムになれる」と、大谷の投手としての素質を指摘していた。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集