[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、ピンチで唸った159km&急降下スプリット 空振り奪取21に米記者「いい仕事」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は23日(日本時間24日)、ジャイアンツ戦に「2番・投手」で先発出場。打っては3打数無安打だったが、投げては6回6安打1失点、9奪三振と好投した。5回に投じた99マイル(約159キロ)の剛球と、落差が凄まじいスプリットの映像を米記者が公開。「本当に良い仕事を見せてくれた」などと評価されている。

ジャイアンツ戦で6回6安打1失点、9奪三振と好投した大谷翔平【写真:Getty Images】
ジャイアンツ戦で6回6安打1失点、9奪三振と好投した大谷翔平【写真:Getty Images】

ジャイアンツ戦で6回1失点と好投

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は23日(日本時間24日)、ジャイアンツ戦に「2番・投手」で先発出場。打っては3打数無安打だったが、投げては6回6安打1失点、9奪三振と好投した。5回に投じた99マイル(約159キロ)の剛球と、落差が凄まじいスプリットの映像を米記者が公開。「本当に良い仕事を見せてくれた」などと評価されている。

【注目】熱戦続くJリーグ見るならDAZN! 今なら1か月無料のDAZN入会はこちらから

 凄いボールだ。5回1死一、二塁のピンチ。大谷は左打者ベルトを追い込むと、最後は渾身の真っすぐだ。伸びのある99マイルが、唸りを上げて内角高めへ。振り遅れたベルトは三振を喫した。続くクロフォードも2球で追い込むと、今度は一転変化球。90マイル(約145キロ)で落差の大きいスプリットを投じ、連続三振で切り抜けた。

 実際の映像を米スポーツ専門サイト「ジ・アスレチック」などに寄稿していたブレント・マグワイア記者が自身のツイッターに公開。「ショウヘイ・オオタニは(5回に)ピンチを迎えたが、ダメージは最小限に抑えた。打者2人を三振に斬って、このイニングを切り抜けた。彼の最後の直球7球は97マイル(約156キロ)以上を記録していた」と文面で伝えた。

 この日は105球の熱投。チームは敗れ、大谷の4勝目とはならなかったが、MLB公式サイトのサラ・ラングス記者は「ショウヘイ・オオタニは今日21個の空振りを奪った。これは彼のMLBキャリアで2番目に多い数字だった」と空振りを多く奪ったことをツイッターで指摘。AP通信のグレッグ・ビーチャム記者も「ショウヘイ・オオタニは11球で6回も抑えた。105球を投じ、トミージョン手術以降では最多の球数だった。今日のデーゲームでは本当に良い仕事を見せてくれた」とツイートし、評価していた。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集