[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

痛い! 女子サッカーGKの“鼻が折れそうな顔面セーブ”に海外衝撃「ハードヒット」

13日(日本時間14日)に行われた女子サッカーの国際親善試合で生まれた、至近距離での顔面セーブが話題を集めている。ジャマイカ代表のゴールキーパー(GK)が、米国戦でシュートをまともに受けた実際の映像を、米メディアが公開。「鼻折れちゃうよ」「なんというセーブ」と痛そうな瞬間が海外ファンに衝撃を与えている。

女子サッカーの国際親善試合で生まれた、至近距離での顔面セーブが話題を集めている【写真:AP】
女子サッカーの国際親善試合で生まれた、至近距離での顔面セーブが話題を集めている【写真:AP】

女子ジャマイカ代表GKの好守にファン「なんというセーブ」

 13日(日本時間14日)に行われた女子サッカーの国際親善試合で生まれた、至近距離での顔面セーブが話題を集めている。ジャマイカ代表のゴールキーパー(GK)が、米国戦でシュートをまともに受けた実際の映像を、米メディアが公開。「鼻折れちゃうよ」「なんというセーブ」と痛そうな瞬間が海外ファンに衝撃を与えている。

【注目】熱戦続くJリーグ見るならDAZN! 今なら1か月無料のDAZN入会はこちらから

 身体を張って死守した。0-3の前半44分、ジャマイカ代表GKシドニー・シュナイダーは守備で飛びついた後、クロスバーに当たったボールに備えて立ち上がる。すると、次の瞬間だ。米国のカーリー・ロイドが至近距離からシュート。ボールは偶然にも、シュナイダーの顔面にぶち当たってしまった。ゴールは割らせなかったが、後ろ向きに倒れた姿は何とも痛々しい。

 シュートコースを切った好プレーだが、見ている方も悲鳴を上げてしまいそうなシーン。実際の映像を、英1部プレミアリーグなども報じる米スポーツ専門局「FOXスポーツ」のサッカー専門インスタグラムが公開。文面には「痛い! GKのシドニー・シュナイダーはジャマイカ戦でカーリー・ロイドのシュートを顔面に受けたが、試合に出場し続けた」と記し、無事を伝えた。

 投稿には海外ファンから「彼女はタフだ」「セーブはセーブだ!」「なんというセーブ」「ハードヒット」「グレートセーブ」「鼻折れちゃうよ」「最高だ」などとコメントが寄せられている。シュナイダーの奮闘はあったが、試合は後半アディショナルタイムにも1点を許したジャマイカ代表が0-4で敗れた。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集