[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平の“守護神案”もアリ? 元メッツGMが考える活用法「打撃最大限に活かせる」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は今季、二刀流の活躍で話題を集めている。投手として2勝1敗で防御率2.76、打者としては打率.262、17本塁打、44打点の成績を残しているが、メッツでGMを務めた経験があるスティーブ・フィリップ氏は先発投手兼打者の二刀流ではなく、クローザー兼打者こそが「最大限の活用法かもしれない」と主張している。

二刀流の活躍で話題を集めているエンゼルスの大谷翔平【写真:AP】
二刀流の活躍で話題を集めているエンゼルスの大谷翔平【写真:AP】

米専門家は「間違いなくクローザーもできる」と評価

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は今季、二刀流の活躍で話題を集めている。投手として2勝1敗で防御率2.76、打者としては打率.262、17本塁打、44打点の成績を残しているが、メッツでGMを務めた経験があるスティーブ・フィリップ氏は先発投手兼打者の二刀流ではなく、クローザー兼打者こそが「最大限の活用法かもしれない」と主張している。

【注目】熱戦続くJリーグ見るならDAZN! 今なら1か月無料のDAZN入会はこちらから

 米スポーツネットワーク「スタジアム」は「ショウヘイ・オオタニは投手か打者でどちらが上なのか?」と題して特集。公式サイト内では、専門家が議論する映像が公開された。ベトナム出身初のMLB選手として活躍した元投手のダニー・グレーブス氏は「間違いなくクローザーもできる」と大谷を評価。フィリップ氏に対し、抑え兼打者案について質問した。

 するとフィリップ氏は「クローザーで起用することが彼を最大限に活用する方法かもしれません」とコメント。打者として先発し、試合の最終盤でマウンドに送り込むことが、「シーズン通じて彼の打撃を最大限に活かせる」と持論を展開していた。同氏は投手以上に打者として大谷を評価しており、規格外のバッティングを最大限に生かすオプションとして守護神・大谷の有益性を力説していた。

(THE ANSWER編集部)

J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集