[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平に143m弾 打球の行方を“諦めた”炎上投手が吐露「かなり遠くへ打ったね」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は8日(日本時間9日分)、本拠地ロイヤルズ戦に「2番・DH」で先発し、先制17号2ランなど3打数2安打2打点だった。自己最長143メートルの超特大弾だったが、相手投手は打たれた瞬間からガックリ。米メディアなどが動画を公開する中、「かなり遠くへ打ったね」と語っている。

第1打席で先制の17号2ランを放ち、ベースを回るエンゼルスの大谷翔平【写真:AP】
第1打席で先制の17号2ランを放ち、ベースを回るエンゼルスの大谷翔平【写真:AP】

大谷翔平が自己最長の超特大弾、被弾投手はすぐに振り向かず…

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は8日(日本時間9日分)、本拠地ロイヤルズ戦に「2番・DH」で先発し、先制17号2ランなど3打数2安打2打点だった。自己最長143メートルの超特大弾だったが、相手投手は打たれた瞬間からガックリ。米メディアなどが動画を公開する中、「かなり遠くへ打ったね」と語っている。

【注目】元日本代表DF田中マルクス闘莉王が漢を感じる熱いプレー 川崎22歳の芸術弾を選んだワケとは

 この打球にはお手上げだ。0-0の初回無死一塁。大谷は真ん中に入ってきた変化球を豪快にかっ飛ばした。相手の23歳左腕クリス・ブビックはすぐには振り返らない。諦めたかのように斜め下に視線を送り、ゆっくりと打球方向に視線を送った。打球は右中間スタンド後方に着弾。自己最長の143メートル弾だ。

 多くの米メディアがツイッターに動画を公開。大谷がダイヤモンドを一周する間、ブビックは顔をしかめた。この日は4本塁打を浴び、4回6安打6失点と炎上。AP通信のグレッグ・ビーチャム記者は、ツイッターで左腕のコメントをこう紹介している。

「カンザスシティの先発クリス・ブビックが、ショウヘイ・オオタニに470フィート弾と打球速度112.6マイルの二塁打を献上したことについて『彼はボールをかなり強く、とても遠くに飛ばせる。…自分が犯したミスには、彼が彼である理由がある。かなり遠くへ打ったね』」

 ブビックは2018年にロイヤルズ入りし、昨季メジャーデビュー。今季は試合前まで8試合1勝0敗、防御率2.12だった。この日の大谷は第2打席に右中間二塁打、第3打席は空振り三振、第4打席は四球。チームは5本塁打を放ち、8-1で勝利を収めた。

(THE ANSWER編集部)

J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集