[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、ポケットなびかせた疾走ホームインに米記者注目「歩幅で距離をカバーした」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は7日(日本時間8日)、ロイヤルズ戦に「2番・DH」で出場。初回の第1打席で四球を選ぶと、味方の左前打で二塁から快足を飛ばして先制のホームを踏んだ。疾走する大谷の実際の映像を米記者が公開。「歩幅でかなりの距離をカバーしていた」などと注目されている。

エンゼルスの大谷翔平【写真:Getty Images】
エンゼルスの大谷翔平【写真:Getty Images】

ロイヤルズ戦に「2番・DH」で出場

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は7日(日本時間8日)、ロイヤルズ戦に「2番・DH」で出場。初回の第1打席で四球を選ぶと、味方の左前打で二塁から快足を飛ばして先制のホームを踏んだ。疾走する大谷の実際の映像を米記者が公開。「歩幅でかなりの距離をカバーしていた」などと注目されている。

【特集】偉業を後押しした心の支え 金メダリストが感謝する応援のチカラ / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 いきなり足で貢献した。初回の第1打席、大谷は四球を選び出塁。暴投の間に二塁に進むと、3番レンドンの左前打で全力疾走だ。レフトがやや深めに守っていたこともあったのか、コーチャーの指示に従って迷うことなく三塁を蹴る。大股で駆け、足から飛び込むようにスライディング。歓声の中、先制のホームインとなった。

 走る大谷を捉えた映像を、米スポーツメディア「ジ・アスレチック」などに寄稿していたブレント・マグワイア記者が自身のツイッターに公開。「オオタニは四球で出塁し、暴投で二塁に進んだ。そしてアンソニー・レンドンのタイムリーで生還」と、ユニホームのズボンのポケットを外側に出し、なびかせて疾走した姿を速報した。

 また、カンザスシティ地元紙「カンザスシティ・スター」のジェフ・ローゼン記者もツイッターで「オオタニはあまりリードしていないように見えたが、その歩幅でかなりの距離をカバーしていた」と大きな歩幅に注目していた。

 ロサンゼルス地元紙「オレンジ・カウンティ・レジスター」のエンゼルス番ジェフ・フレッチャー記者は「面白い数字がある。5月5日までのショウヘイ・オオタニの四球率が投手としては22.6%、打者として7.6%だった。しかし、5月6日以降は投手としては7.6%、打者として14.5%となっている」と、投手として出す四球が減り、打者として選ぶ四球が増えたことに注目していた。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集