[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、先輩・雄星落胆させた会心弾に米記者注目「日本ではビッグニュースになる」

米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平投手は5日(日本時間6日)、本拠地のマリナーズ戦に「2番・DH」で出場。菊池雄星投手から第1打席で16号本塁打を放った。MLB公式ツイッターが動画付きで速報。花巻東の先輩からの一撃に、米記者は「日本ではビッグニュースになるだろう」などと注目を寄せている。

菊池雄星から16号本塁打を放った大谷翔平【写真:AP】
菊池雄星から16号本塁打を放った大谷翔平【写真:AP】

先輩の初球を完璧に捉えた一撃に米記者「ばかげている」

 米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平投手は5日(日本時間6日)、本拠地のマリナーズ戦に「2番・DH」で出場。菊池雄星投手から第1打席で16号本塁打を放った。MLB公式ツイッターが動画付きで速報。花巻東の先輩からの一撃に、米記者は「日本ではビッグニュースになるだろう」などと注目を寄せている。

【注目】元日本代表DF田中マルクス闘莉王が漢を感じる熱いプレー 川崎22歳の芸術弾を選んだワケとは

 大谷が先輩を粉砕した。初回1死で迎えた第1打席、菊池の初球だ。甘く入ってきた94マイル(約151キロ)をフルスイング。火の出るような打球はバックスクリーン左へ飛び込む先制ソロだ。大谷は悠々とダイヤモンドを一周。菊池は悔しさを押し隠し、表情を変えなかった。

 大谷が菊池と対戦するのは2019年以来。同年の6月8日(同9日)に本塁打を放っており、これがメジャー2本目となった。日本人対決に米記者も注目。米ロサンゼルス地元放送局「バリー・スポーツ・ウェスト」のキャスター、パトリック・オニール記者は「今季初対戦のキクチの初球をオオタニが16号本塁打。日本ではビッグニュースになるだろう!」とツイートしている。

 また米メディア「バースツールスポーツ」のジャレッド・カラビス記者も自身のツイッターで「ショウヘイ・オオタニは本当にとんでもない。何度言ったとしても気にしない。10奪三振した翌日にMLB本塁打ランキングのトップに近づく本塁打を放つなんてありえないことなんだ。ばかげている」と登板翌日の特大弾への驚きをつづれば、米スポーツ専門局「FOXスポーツ」のMLBアナリストのベン・バーランダー氏も「ショウヘイ・オオタニなら左対左でもセンターの1番深いところまで飛ばせる」とツイート。サウスポーからの特大弾に最敬礼だった。

(THE ANSWER編集部)

J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集