[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大坂なおみの会見拒否、欧米メディアは賛否「競技団体が考え直す時期」「悪しき前例」

テニスの大坂なおみ(日清食品)は4大大会・全仏オープンの1回戦で快勝したが、試合後の記者会見を拒否。大会主催者から1万5000ドル(約160万円)の罰金が科せられることになった。大坂としては、大会前から宣言していた通りの姿勢を変えることがなかったが、多方面を巻き込み波紋を広げている。会見拒否を受けて、海外ではどう報じられているのか。

大坂なおみ【写真:AP】
大坂なおみ【写真:AP】

大坂の主張に一定の理解も…「しかしどんな理由があろうと」

 テニスの大坂なおみ(日清食品)は4大大会・全仏オープンの1回戦で快勝したが、試合後の記者会見を拒否。大会主催者から1万5000ドル(約160万円)の罰金が科せられることになった。大坂としては、大会前から宣言していた通りの姿勢を変えることがなかったが、多方面を巻き込み波紋を広げている。会見拒否を受けて、海外ではどう報じられているのか。

【特集】日本女子トップスイマーが泳ぐ意味 「次世代に一つの道を見せられたら」 / 競泳・大橋悠依選手インタビュー(GROWINGへ)

 大坂は大会開幕前に、自身のSNSで「1番大事なアスリートの心の健康を無視している」などと主張し、会見を拒否する姿勢を表明していた。

 米メディア「TMZスポーツ」では「ナオミのこのスポーツ界の問題への取り組みに称賛の声もある」と大坂の主張に一定の理解を示しつつ、「しかし、アマチュア選手がプロになる時に会見に出るということは契約の一部であり、どんな理由があろうと会見を拒むということは悪しき前例になるだろう」とも指摘している。

 また米紙「USAトゥデー」のスポーツ専門サイト「フォー・ザ・ウィン」は「ナオミ・オオサカはスポーツを面白くしてくれる。彼女は世界で最も影響力のある選手だ。彼女がいないテニス界はどうなるだろう? 誰も分からないが、この大会でどうなるか分かるだろう」と今や世界的なスーパースターとなった大坂の影響力の大きさにまず言及している。

 そのうえで「スポットライトを浴びる選手に質問が向けられ、発言は一部を切り取られ誤解もされる。これでは深い議論はできない。スポーツ団体は選手からのフィードバックをもとに、選手とどうかかわっていくのか考え直す時期に来ているのかもしれない」と続け、会見拒否の姿勢に一定の理解も示しているようだ。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集