[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、泳いだ“モンスター越え弾”に敵地記者も唖然「片足かつ、片手で運んだ」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は14日(日本時間15日)、敵地でのレッドソックス戦に「2番・DH」でスタメン出場。初回の第1打席で左翼フェンス直撃の二塁打を放つと、第3打席ではややタイミングを外されながらも、グリーンモンスターを越える特大の11号を放った。敵地ボストンの記者をも唖然とさせている。

第3打席で特大の11号を放ったエンゼルスの大谷翔平【写真:AP】
第3打席で特大の11号を放ったエンゼルスの大谷翔平【写真:AP】

敵地レッドソックス戦に「2番・DH」で出場

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は14日(日本時間15日)、敵地でのレッドソックス戦に「2番・DH」でスタメン出場。初回の第1打席で左翼フェンス直撃の二塁打を放つと、第3打席ではややタイミングを外されながらも、グリーンモンスターを越える特大の11号を放った。敵地ボストンの記者をも唖然とさせている。

【特集】日本女子トップスイマーが泳ぐ意味 「次世代に一つの道を見せられたら」 / 競泳・大橋悠依選手インタビュー(GROWINGへ)

 なぜ、こんな体勢からこんな打球を打てるのか。6回2死走者なしで迎えた第3打席だ。大谷はカウント1-1からの3球目。右腕ピベッタの外角低めいっぱいのナックルカーブを弾き返した。左翼方向へ、高々と舞い上がった打球は落ちてこない。そびえたつ37フィート(約11.3メートル)のグリーンモンスターを越えて、スタンドに入った。

 どでかい一発にボストンの記者も唖然としている。地元紙「ボストン・グローブ」のレッドソックス番を務めるピート・アブラハム記者は「ナイスなイージースイング。オオタニがモンスター席にぶち込んだ」とツイートで驚きをつづった。

 MLB公式サイトでレッドソックス番を務めるイアン・ブラウン記者もツイッターに連投し、「オオタニがピベッタからソロ本塁打を放った。モンスターシートの2列目まで飛ばした」「オオタニにとっての初めてのフェンウェイでの本塁打。これからも打つことになるだろう」と拍手を送っている。

 賛辞は続く。米スポーツ専門メディア「ジ・アスレチック」などで執筆していたマシュー・コリー記者も自身のツイッターで「オオタニは片足の状態かつ、片手で運んだ」と体勢を崩されながら放った特大弾に驚きを隠せないようだった。

(THE ANSWER編集部)

J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集