[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、タイミング合わずもグリーンモンスター越えの11号 米記者驚愕「おかしい」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は14日(日本時間15日)、敵地でのレッドソックス戦に「2番・DH」でスタメン出場。初回の第1打席で左翼フェンス直撃の二塁打を放つと、第3打席ではややタイミングを外されながらも、グリーンモンスターを越える特大の11号を放った。現地メディアが動画付きで速報している。

第3打席で特大11号を放ったエンゼルスの大谷翔平【写真:AP】
第3打席で特大11号を放ったエンゼルスの大谷翔平【写真:AP】

敵地レッドソックス戦に「2番・DH」で出場

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は14日(日本時間15日)、敵地でのレッドソックス戦に「2番・DH」でスタメン出場。初回の第1打席で左翼フェンス直撃の二塁打を放つと、第3打席ではややタイミングを外されながらも、グリーンモンスターを越える特大の11号を放った。現地メディアが動画付きで速報している。

【特集】日本女子トップスイマーが泳ぐ意味 「次世代に一つの道を見せられたら」 / 競泳・大橋悠依選手インタビュー(GROWINGへ)

 凄まじいというほかない。6回2死走者なしで迎えた第3打席だ。カウント1-1からの3球目。大谷は右腕ピベッタの外角低めいっぱいのナックルカーブを弾き返した。左翼方向へ、高々と舞い上がった打球は落ちてこない。そびえたつ37フィート(約11.3メートル)のグリーンモンスターを越えて、スタンドに入った。

 どでかい一発を、米ロサンゼルスのスポーツチャンネル「バリー・スポーツ・ウェスト」公式ツイッターが動画付きで速報。米記者からもツイッター上で驚きの声が上がっている。

 ロサンゼルス地元紙「オレンジ・カウンティ・レジスター」のエンゼルス番ジェフ・フレッチャー記者は「ショウヘイ・オオタニがモンスターを越える本塁打を放ち、エンゼルスに得点をもたらした。11号本塁打」と伝えれば、カルフォルニア州のTV局「KESQ」のスポーツディレクターのブレイク・アーサー氏は「オオタニはおかしい。タイミングが合っていなかったが、球を逆方向に飛ばした。天変地異が起きている」と驚愕している。

 米紙「ロサンゼルスタイムズ」のエンゼルス番ジャック・ハリス記者も「打球速度101.7マイル(約163.7キロ)。オーバー・ザ・モンスター。11号本塁打である」とつづった。

 第1打席でもグリーンモンスター直撃の二塁打を放ち、マルチ安打を記録している。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集