[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平の球筋を“特等席”で凝視 球審の珍百景に反響「役得かよ」「見たことない」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は11日(日本時間12日)、アストロズ戦で投打同時出場し、7回1失点10奪三振の好投も勝ち負けはつかなかった。大谷が試合のマウンドで投球練習する際には、球審が捕手の後ろから球筋を見つめるという珍しいシーンも。実際の映像を公開した米メディアでは「誰もがショウを最前列で見たい」などと紹介していたが、ファンにも「役得かよ」「投球練習から審判が!」などと反響が広がっている。

大谷翔平【写真:AP】
大谷翔平【写真:AP】

投球練習を見つめる球審の様子に米メディア脚光

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は11日(日本時間12日)、アストロズ戦で投打同時出場し、7回1失点10奪三振の好投も勝ち負けはつかなかった。大谷が試合のマウンドで投球練習する際には、球審が捕手の後ろから球筋を見つめるという珍しいシーンも。実際の映像を公開した米メディアでは「誰もがショウを最前列で見たい」などと紹介していたが、ファンにも「役得かよ」「投球練習から審判が!」などと反響が広がっている。

【特集】日本女子トップスイマーが泳ぐ意味 「次世代に一つの道を見せられたら」 / 競泳・大橋悠依選手インタビュー(GROWINGへ)

 なかなか見られない光景だ。敵地での先発マウンドに上がった大谷。打者と対戦前に投球練習を行っている。球を受ける捕手スズキの後ろには球審が立ち、本番さながらに腰を落としてボールを見つめている。投球練習はバッテリーだけが映し出されることが多く、球審が腰を落としてじっくりと見つめる場面は珍しいが、大谷の球を“予習”しておきたかったのかも知れない。

“特等席”で球審が大谷の投球を観察する実際の映像を、米ロサンゼルスのスポーツチャンネル「バリー・スポーツ・ウェスト」公式ツイッターが公開。文面では「誰もがショウを最前列で見たいと思っている。球審のマーク・ウェグナーもその1人だ」と紹介していた。

 これにSNS上のファンも注目。「役得かよ」「投球練習から審判が!」「ウオームアップしている時に審判も後ろで見てるなんてあんまり見たことない光景」「審判は、投手大谷をコールするのが初めてとのこと」などと反響が広がっている。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集