[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

内野安打で一塁から生還 “シフトの盲点”ついた好走塁に米メディア絶賛「天才的」

米大リーグ、ヤンキースが好走塁でもぎ取った得点が「めっちゃ面白い」と話題だ。6日(日本時間7日)のアストロズ戦。一塁走者がなんと内野安打で一気に生還。なぜこんなことが起きたのか――。ヤンキースが公式ツイッターで実際の動画を公開。米メディアからも「素晴らしい生還」「天才的」などと注目を浴びせている。

グレイバー・トーレス【写真:AP】
グレイバー・トーレス【写真:AP】

大胆シフトの盲点をつき、一塁から一気に生還

 米大リーグ、ヤンキースが好走塁でもぎ取った得点が「めっちゃ面白い」と話題だ。6日(日本時間7日)のアストロズ戦。一塁走者がなんと内野安打で一気に生還。なぜこんなことが起きたのか――。ヤンキースが公式ツイッターで実際の動画を公開。米メディアからも「素晴らしい生還」「天才的」などと注目を浴びせている。

【特集】日本女子トップスイマーが泳ぐ意味 「次世代に一つの道を見せられたら」 / 競泳・大橋悠依選手インタビュー(GROWINGへ)

 2点を追う8回1死一塁で打席には左のアーロン・ヒックス。アストロズは一、二塁間に3人を配置する大胆なシフトを敷いていた。ヒックスの鋭い打球は二塁ベースやや右寄りに飛ぶ。これを遊撃のカルロス・コレアが弾いた。ここからだ。

 一塁走者のグレイバー・トーレスはこの打球を見て、二塁を蹴って三塁へ向かう。アストロズは三塁手のアレックス・ブレグマンが二塁付近にいたため、三塁ベースががら空きだったのだ。混乱するアストロズ守備陣。慌てて捕手のマーティン・マルドナドが三塁へカバーに向かったが、すると今度はホームが空いた。トーレスは見逃さない。三塁ベースを蹴って一気に本塁を陥れた。

 どこへもボールを送れず、呆然とするアストロズ守備陣。一方のトーレスはシフトの盲点をついた格好になった。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集