[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

上田桃子、悩み乗り越えた2年ぶりV 強風に負けず「全英より弱いだろとコーチに言われ…」

女子ゴルフの国内ツアー・パナソニックオープンレディースは2日、千葉・浜野GC(6638ヤード、パー72)で最終日が行われた。2打差の2位から出た上田桃子(ZOZO)が1ボギーの73をマーク。通算5アンダーで並んだ大里桃子(伊藤園)とのプレーオフを制し、2019年のヨネックスレディス以来、693日ぶりの優勝を飾った。USLPGA資格で出場した11年ミズノクラシックを含む、通算16勝目。

プレーオフを制し、2年ぶりの優勝を飾った上田桃子【写真:Getty Images】
プレーオフを制し、2年ぶりの優勝を飾った上田桃子【写真:Getty Images】

パナソニックオープンレディース最終日

 女子ゴルフの国内ツアー・パナソニックオープンレディースは2日、千葉・浜野GC(6638ヤード、パー72)で最終日が行われた。2打差の2位から出た上田桃子(ZOZO)が1ボギーの73をマーク。通算5アンダーで並んだ大里桃子(伊藤園)とのプレーオフを制し、2019年のヨネックスレディス以来、693日ぶりの優勝を飾った。USLPGA資格で出場した11年ミズノクラシックを含む、通算16勝目。

【注目】熱戦続くJリーグ見るならDAZN! 今なら1か月無料のDAZN入会はこちらから

 会心のガッツポーズだった。プレーオフの2ホール目。ティーショットでバンカーに入れてボギーだった大里に対して、上田はティーショットで確実にグリーンを捉え、最後は1メートルのパーパットを見事に沈めた。その瞬間、両手を高く掲げ、険しかった表情がみるみる笑顔になった。

「(9番ホールは)正規のラウンドでも入ったと思ったパットが、1.5メートルくらいいってしまった。まさか(プレーオフを)9番でやると思わなくて、とにかく下から打つぞと決めていたし、右に逃げすぎても難しくなる。気持ちだけは攻めの姿勢をと心がけていた。どのホールも難しかった。基礎が生きたと思う1日でした」

 正規の18ホールとプレーオフの2ホール、計20ホールでバーディーはなし。「まさかバーディーが1つもこずに勝てるのも珍しいこと。我慢していればいいことがあるんだなと。学べました」と笑った。一方で、ボギーも15番の1つだけ。強風に加え、硬いグリーンのタフなコンディションの中で、34歳の我慢強さが光った。

 プレーオフの相手は同郷の後輩で、名前も同じ桃子の大里だった。「昨年の4月、コロナがあって初めて熊本で一緒に回る事があったくらい。なかなか一緒にやることはなかったのですが、いいゴルフをする選手だなと思っていた。同郷で同じ桃子なのでネタになるんだろうなと(笑)。だから余計に負けたくないなと。ただこの状況だったので、相手を意識するよりは自分が何をやらなきゃいけないか、集中していました。(大里は)1ホール目いいパーパット決めていたので、2ホール目はバーディー獲らなきゃなと。気を引き締めてやれたと思います」とコメントした。

 コーチを務める辻村明志がキャディーを務め、二人三脚での優勝。今大会の前には悩みも打ち明けていたという。上田は「先週、先々週と悩んでいて。コーチにもかなり相談しました。自分はもともとショットメーカーだったのですが、そこが最近出せていないというところと、ギャラリーが入らない状況で、モチベーションというか、バーディーを獲っても流れを作れなかったり、普段だったら歓声で乗っていけるのですが、それも(コロナ禍で)難しい状況で。どこに目標設定を置けばいいのか、毎日連絡をしていました」と明かす。

 悩める中でのコーチとのラウンドで「今、やるべきことをやろう」と貫いた。強風に苦しむ選手が多い中でも、辻村コーチからは「強風でも全英(OP)より弱いだろ」と笑い飛ばされたという。「それくらい余裕を持って回ろうねと車の中でも話していました」と振り返った。全幅の信頼を置くコーチの存在も、2年ぶり優勝に一役買ったようだ。

(THE ANSWER編集部)

J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集