[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

左殺しの163kmツーシーム 当てることも難しいサイド右腕に米驚愕「物理的に可能?」

米大リーグ・ロッキーズの右腕が、4月29日(日本時間30日)のダイヤモンドバックス戦で投じた“超速ツーシーム”が注目されている。101マイル(約163キロ)で左打者の外角へ逃げるように変化した動画を、米国の投球分析家が公開。大きな変化幅に、米ファンからは「こんな球があるなんて」などと反響が寄せられている。

ロッキーズのジャスティン・ローレンス【写真:Getty Images】
ロッキーズのジャスティン・ローレンス【写真:Getty Images】

サイド右腕ローレンスの剛球に米ファン驚き「絶対に打てない」

 米大リーグ・ロッキーズの右腕が、4月29日(日本時間30日)のダイヤモンドバックス戦で投じた“超速ツーシーム”が注目されている。101マイル(約163キロ)で左打者の外角へ逃げるように変化した動画を、米国の投球分析家が公開。大きな変化幅に、米ファンからは「こんな球があるなんて」などと反響が寄せられている。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 この速度で変化されてはたまらない。ロッキーズの右腕ジャスティン・ローレンスは、サイド気味のフォームで腕を振った。球速は101マイル。しかも、真ん中付近から左打者の外角ボールゾーンへと大きく横滑りするように変化した。打席のエデュアルド・エスコバルは少し腰が引けたようにスイングしたが、バットは届かず空振り三振を喫した。特に左打者はバットに当てるのにも一苦労しそうな剛球だ。

 実際の映像を「ピッチングニンジャ」の愛称で知られる米国の投球分析家ロブ・フリードマン氏がツイッターに公開。文面で「ローレンスのヤバい101マイルのツーシーム。この腕の角度からの101マイルのツーシームは毎日見られるものではない」と紹介している。米ファンからは「絶対に打てない」「フェアじゃない」「これ見た瞬間お気に入りの投手になった」「何が起きているんでしょう」「この世にこんな球が存在するなんて」「物理的に可能なのか?」などと驚きの声が上がっている。

 ローレンスは3-5の8回から今季初登板。1安打1奪三振1四球で無失点だったが、ロッキーズはそのまま敗れた。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集