[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 数センチにこだわる「イチ流の愛情」 イチローの“精密バット置き”に米脚光

数センチにこだわる「イチ流の愛情」 イチローの“精密バット置き”に米脚光

米大リーグのマーリンズからフリーエージェント(FA)となり、次の所属先が注目を集めるイチロー外野手。44歳にしてなお現役を貫き、メジャーで17シーズンを過ごしてきたが、その裏では、イチローらしい独特の流儀も話題となってきた。MLB公式ツイッターは「ゲン担ぎ」と題して選手の特徴的なルーティンを動画付きで紹介。背番号51のバットに対する愛情を感じさせる振る舞いが脚光を浴びている。

マーリンズからフリーエージェントとなったイチロー【写真:Getty Images】
マーリンズからフリーエージェントとなったイチロー【写真:Getty Images】

MLB公式ツイッターが「ゲン担ぎ」特集…イチローの試合前の“バット置き”に注目

 米大リーグのマーリンズからフリーエージェント(FA)となり、次の所属先が注目を集めるイチロー外野手。44歳にしてなお現役を貫き、メジャーで17シーズンを過ごしてきたが、その裏では、イチローらしい独特の流儀も話題となってきた。MLB公式ツイッターは「ゲン担ぎ」と題して選手の特徴的なルーティンを動画付きで紹介。背番号51のバットに対する愛情を感じさせる振る舞いが脚光を浴びている。

【特集】「頑張った先の結果」から見えるもの 水泳が育てる“自分を知る力”とは / 競泳 伊藤華英さんインタビュー(GROWINGへ)

 MLB公式ツイッターは「ゲン担ぎ」と題し、新旧選手で印象に残るルーティンを紹介。なかでも、唯一の日本人として登場したのがイチローだ。

 試合前、ベンチにグラブと並べ、バットを壁に立てかけたイチロー。しっかりと立ち、特に問題はないように見えるが、位置を微修正して数センチずらし、再び、バットを立てかけている。他の選手も行き交い、慌ただしい時間でも自分のルーティンを貫き、バットに対する愛情が感じ取れる。

 ホームランの後にバットを投げるシーンは注目されることはあれど、試合前にバットを置くシーンが注目されることは稀。そんな些細なワンシーンを取り上げられるのも、これまでも数々称賛されてきたイチローの流儀が、メジャーでも認知されているからだろう。

 ほかにも、ハーパーが打席でホームベースの隅を交互に何度も叩く仕草、キンブレルが捕手のサインを見る際に右腕を顔の横に広げる仕草、プイグがバットの先端を舌でペロッと舐める仕草など、メジャーファンならおなじみのシーンの一つに取り上げられている。

 事あるごとに所作が脚光を浴びてきたイチロー。果たして、今季はどのチームのユニホームでプレーし、“らしい”振る舞いを見せてくれるのか。ファンは首を長くして待っている。

1 2
全国高体連公式 インターハイ応援サイト
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー