[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、今季最高のスイングは? 米メディアが選出「あなたの想像とは違うかも」

米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平投手は今季、リアル二刀流を体現している。ここまで打者としては打率.340、4本塁打、12打点、OPS1.125。投手としては4日(同5日)のホワイトソックス戦に「2番・投手」で出場し、4回2/3を3失点(自責1)、渡米後自己最速タイとなる101.1マイル(約162.7キロ)をマークした。米メディアでは完全復活を遂げた大谷を特集。ここまでの12試合で「最高のスイング」として、ある打席に脚光を浴びせている。

エンゼルスの大谷翔平【写真:AP】
エンゼルスの大谷翔平【写真:AP】

12試合で打率.340、好調大谷のここまでで「最高のスイング」を米メディアが選出

 米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平投手は今季、リアル二刀流を体現している。ここまで打者としては打率.340、4本塁打、12打点、OPS1.125。投手としては4日(同5日)のホワイトソックス戦に「2番・投手」で出場し、4回2/3を3失点(自責1)、渡米後自己最速タイとなる101.1マイル(約162.7キロ)をマークした。米メディアでは完全復活を遂げた大谷を特集。ここまでの12試合で「最高のスイング」として、ある打席に脚光を浴びせている。

【特集】最強ペアが語るシャトルを打つ魅力 競技生活で大切にしてきた考え方とは / バドミントン・福島由紀選手、廣田彩花選手インタビュー(GROWINGへ)

 米スポーツ専門メディア「ジ・アスレチック」がここまででの「最高のスイング」と評したのは、少し意外なシーンかもしれない。

 9日(日本時間10日)、敵地のブルージェイズ戦だった。1-0の2回2死満塁。大谷は相手右腕T.J.ゾイクの外角変化球に泳がされた。タイミングは合っていなかったが、それでも長い腕を伸ばし、なんとかバットに当てる。インパクトの瞬間辺りから左手を離し、右手で振り抜いた。打球は右翼フェンス直撃。あと数メートルで柵越えとなる走者一掃の3点適時二塁打となった。

 なぜこの打席にフォーカスしたのか。「ショウヘイ・オオタニがエンゼルスを再び突き上げる。復活の鍵となったものとは」と題した記事の中で紐解いている。

「ショウヘイ・オオタニが今季見せたスイングの中で、最高なものはあなたが思っているものではないだろう」と前置きしたうえで、「12試合に出場したエンゼルスのスラッガーの最高のスイングはこれである」と続け、実際の映像を公開している。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集