[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平の特大弾を捕球 歓喜する敵地少年ファンに米共感「正しいリアクションだ」

米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平投手は13日(日本時間14日)、敵地ロイヤルズ戦に「2番・指名打者」で先発出場し、131メートルの特大4号ソロを含む5打数3安打1打点。2試合連続の猛打賞をマークした。MLB公式ツイッターは5回に放った一発の映像を公開しているが、ホームランボールをキャッチして喜ぶロイヤルズファンの姿に「好きなチームが打たれて喜んでいるけど、それは正しいリアクションだ」などと注目が集まっている。

4号ソロを放ったエンゼルスの大谷翔平【写真:Getty Images】
4号ソロを放ったエンゼルスの大谷翔平【写真:Getty Images】

5回に特大の4号ソロ、スタンドキャッチしたロイヤルズファンは歓喜

 米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平投手は13日(日本時間14日)、敵地ロイヤルズ戦に「2番・指名打者」で先発出場し、131メートルの特大4号ソロを含む5打数3安打1打点。2試合連続の猛打賞をマークした。MLB公式ツイッターは5回に放った一発の映像を公開しているが、ホームランボールをキャッチして喜ぶロイヤルズファンの姿に「好きなチームが打たれて喜んでいるけど、それは正しいリアクションだ」などと注目が集まっている。

【特集】最強ペアが語るシャトルを打つ魅力 競技生活で大切にしてきた考え方とは / バドミントン・福島由紀選手、廣田彩花選手インタビュー(GROWINGへ)

 敵も味方も関係ない。5回2死で迎えた大谷の第3打席、1ボールから左腕ダフィーの真ん中に入ってきた変化球を完ぺきに捉えた。高々と舞い上がった打球はあっという間に右中間スタンドに突き刺さった。

 この一撃をスタンドでキャッチしたのは、青いロイヤルズのキャップを被った少年ファンだった。応援しているチームの相手の得点ではあるが、よほど嬉しかったのだろう。飛び上がってガッツポーズを繰り出している。

 このシーンをMLBは「オオタニ、アウト」と記して動画付きで公開。「人間じゃない」「イチロー以上の選手になるかもしれない」「オオタニ、見ていてマジで楽しい」「絶対にMVP」「この惑星で最も才能に溢れた選手」「オオタニの前では無力だ」などと称賛のコメントが寄せられる一方で、「好きなチームが打たれて喜んでいるけど、それは正しいリアクションだ」「少年が…笑」などとロイヤルズファンの少年のリアクションにも注目が集まっていた。

 大谷は初回に快足を飛ばし内野安打とし、9回の第5打席でも右前打。チームは2-3で敗れたが、2戦連続の猛打賞で打率を.364に上げている。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集