[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平“3.2秒の衝撃” 弾丸二塁打の別角度映像に米記者「ミサイルのような192km」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は12日(日本時間13日)、ロイヤルズ戦に「2番・DH」で先発出場し、5打数3安打3打点と猛打賞を記録した。7回の第4打席では打球速度119マイル(約192キロ)の2点二塁打。今季メジャー最速の一打が衝撃を与えているが、米記者はバックネット裏後方から打球を撮影した動画を公開。「ミサイルのような119マイル」などと注目している。

ロイヤルズ戦で5打数3安打3打点と猛打賞を記録したエンゼルスの大谷翔平【写真:Getty Images】
ロイヤルズ戦で5打数3安打3打点と猛打賞を記録したエンゼルスの大谷翔平【写真:Getty Images】

ロイヤルズ戦の二塁打は打球速度192kmを計測

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は12日(日本時間13日)、ロイヤルズ戦に「2番・DH」で先発出場し、5打数3安打3打点と猛打賞を記録した。7回の第4打席では打球速度119マイル(約192キロ)の2点二塁打。今季メジャー最速の一打が衝撃を与えているが、米記者はバックネット裏後方から打球を撮影した動画を公開。「ミサイルのような119マイル」などと注目している。

【注目】アスリートのあなたが資金支援を直接受けられる プロもアマも登録OK、スポーツファンとの新コミュニティサービス「チアスタ!」はこちら

 豪打のスピード感が分かる。大谷が放った打球速度119マイルの一打を、ネット裏後方から撮影した映像。心地よい音を残した打球が、まるで弾丸のように右翼へ飛ぶ。インパクトの瞬間からフェンス手前でワンバウンドするまで、わずか約3.2秒。パワーあふれる大谷の打球の全貌を逃さず捉えた動画となっている。

 実際の映像を、米スポーツ専門メディア「ジ・アスレチック」などで執筆していたブレント・マグワイア記者が自身のツイッターに公開。MLB解析システム「スタットキャスト」の映像のようで「ショウヘイ・オオタニのミサイルのような119マイルを別角度から」と文面に記載している。

 またMLB公式サイトのダレン・ウィルマン氏は「2015年にスタットキャストが導入されてから、119マイル以上の打球を放った選手の一覧」を自身のツイッターで紹介。ジャンカルロ・スタントン、アーロン・ジャッジ、ゲーリー・サンチェス(いずれもヤンキース)、ネルソン・クルーズ(ツインズ)の名前をあげ、「そして、今ショウヘイ・オオタニが加わった」と大谷が5人目であることを伝えている。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
VIOフェリエ
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集