[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、インロー流した“技あり左前打”を米記者速報「彼はいま乗りに乗っている」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は12日(日本時間13日)、ロイヤルズ戦に「2番・DH」でスタメン出場。初回の第1打席で左前安打を記録し、これで5試合連続安打とした。内角低めの厳しいコースを流し打ちした実際の映像を米記者が公開。技ありの一打を「彼はいま乗りに乗っている」と称賛している。

左前打を放つエンゼルスの大谷翔平【写真:Getty Images】
左前打を放つエンゼルスの大谷翔平【写真:Getty Images】

ロイヤルズ戦・第1打席に5戦連続安打を記録

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は12日(日本時間13日)、ロイヤルズ戦に「2番・DH」でスタメン出場。初回の第1打席で左前安打を記録し、これで5試合連続安打とした。内角低めの厳しいコースを流し打ちした実際の映像を米記者が公開。技ありの一打を「彼はいま乗りに乗っている」と称賛している。

【特集】最強ペアが語るシャトルを打つ魅力 競技生活で大切にしてきた考え方とは / バドミントン・福島由紀選手、廣田彩花選手インタビュー(GROWINGへ)

 難しいコースを逆方向にはじき返した。初回1死走者なし。1ボール2ストライクから、相手右腕シンガーが投じた88マイル(約142キロ)をコンパクトにスイング。内角低めに沈んでくるようなボールだったが、三塁手がショートのポジションにいるシフトを破り、上手くレフト前へと運んだ。

 実際の映像を、米スポーツ専門メディア「ジ・アスレチック」などで執筆していたブレント・マグワイア記者が自身のツイッターに公開。「ショウヘイ・オオタニが内角低めのスライダーを逆方向に放った。打球速度は106.5マイル(約171キロ)」と投稿の文面に記載し、「彼はいま乗りに乗っている」と好調であることも伝えた。

 また「ジ・アスレチック」のファビアン・アルダヤ記者もツイッターを更新。「ショウヘイ・オオタニにとって今季9本目の105マイル(約169キロ)以上の打球。しかも詰まっていた。ちなみに昨季は175打席で15本だった」と今季は速い打球が多い事に注目していた。なお出塁した大谷だが、この後シンガーの一塁けん制により憤死。得点することはできなかった。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集