[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平HR球を捕るために待機 マジで捕った青年に米紙注目「球の行方を知っていた」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は9日(日本時間10日)、敵地のブルージェイズ戦に「2番・DH」で先発出場し、4試合ぶりの3号ソロを放った。球団公式ツイッターが動画を公開すると、本塁打をキャッチした青年に注目が集まっている。大喜びしているが、「計画通り。彼は逆方向へ飛ばす」と狙っていたようだ。

4試合ぶりの3号ソロを放ったエンゼルスの大谷翔平【写真:AP】
4試合ぶりの3号ソロを放ったエンゼルスの大谷翔平【写真:AP】

大谷翔平が3号ソロ、捕ったのはHRキャッチで有名な青年だった

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は9日(日本時間10日)、敵地のブルージェイズ戦に「2番・DH」で先発出場し、4試合ぶりの3号ソロを放った。球団公式ツイッターが動画を公開すると、本塁打をキャッチした青年に注目が集まっている。大喜びしているが、「計画通り。彼は逆方向へ飛ばす」と狙っていたようだ。

【特集】最強ペアが語るシャトルを打つ魅力 競技生活で大切にしてきた考え方とは / バドミントン・福島由紀選手、廣田彩花選手インタビュー(GROWINGへ)

 偶然ではなかったのか。4-0の5回無死走者なし。大谷は真ん中付近に来た92マイル(約148キロ)を弾き返した。高々と上がった大飛球はバックスクリーン左へ。すると、マスク姿で赤い帽子を被った外野席の青年が、グラブをつけた左手でダイレクトキャッチ。両手を広げて大喜びしている。

 周囲の観客とハイタッチを交わすなど、大谷のメジャー通算50号を掴みとった一部始終の動画を球団公式ツイッターが公開。実はこの青年、米国では“ホームランキャッチマニア”として有名なようだ。地元紙「ロサンゼルスタイムズ」は「グレッグ・バラッシュはボールの行方を知っていた」と報道。こう説明している。

「『ボールホーク』と呼ばれる彼は、MLB球場を訪れてはホームランボールをキャッチすることで知られている。バラッシュは金曜(9日)の試合でショウヘイ・オオタニのホームランボールを捕球するために、左翼テーブル席の後方を陣取っていた」「完璧な位置にいた。バラッシュはグラブを差し出し、422フィート(約129メートル)飛んだ球をキャッチした」

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集