[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平を心配 交錯走者の紳士な振る舞いに米記者注目「スパイクが当たらないよう…」

米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平投手は4日(日本時間5日)、本拠地・ホワイトソックス戦に「2番・投手」で出場。渡米後初の投打同時出場となった。初回の第1打席で2試合ぶりの先制ソロを放つと、投げては渡米後最速タイ101.1マイル(約162.7キロ)を計測するなど5回途中2安打3失点。勝ち投手の権利まであと1死というところで、走者と交錯する場面もあり、降板した。アクシデントの瞬間を米メディアが公開しているが、現地の記者は走者のアブレイユの振る舞いに注目。「完全にクリーンなプレーだった」などと伝えている。

交錯して転倒したエンゼルスの大谷翔平【写真:AP】
交錯して転倒したエンゼルスの大谷翔平【写真:AP】

「2番・投手」で出場、5回のアクシデント後に降板

 米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平投手は4日(日本時間5日)、本拠地・ホワイトソックス戦に「2番・投手」で出場。渡米後初の投打同時出場となった。初回の第1打席で2試合ぶりの先制ソロを放つと、投げては渡米後最速タイ101.1マイル(約162.7キロ)を計測するなど5回途中2安打3失点。勝ち投手の権利まであと1死というところで、走者と交錯する場面もあり、降板した。アクシデントの瞬間を米メディアが公開しているが、現地の記者は走者のアブレイユの振る舞いに注目。「完全にクリーンなプレーだった」などと伝えている。

【注目】本気で野球に挑戦する親子必見! 11月6日オープン、日本最大級野球スキル動画配信サービス「TURNING POINT」とは

 ヒヤリとした。2点リードの5回2死二、三塁。大谷はモンカダを三振に打ち取ったが、捕手スタッシーが後ろへ逸らした。さらに一塁へ悪送球で三塁走者に続き、二塁走者のアブレイユも本塁に突入した。本塁のベースカバーに入っていた大谷はアブレイユと交錯して転倒。しばらく立ち上がることが出来ず、足を引きずりながら無念の降板となった。

 このシーンについて、SNS上では様々な意見が上がっているようだが、現地の記者はアブレイユの振る舞いを評価しているようだ。米紙「ワシントン・ポスト」のチェルシー・ジェインズ記者は「アブレイユがすぐに立ち上がって、オオタニが大丈夫が確認したのを45回は見直している。誰だってあんなことはみたくない。ツイッターでの責め合いに嫌気がさす。奇妙な試合だし、変なプレーだった。彼が大丈夫だといいけど」とツイートしている。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集