[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

誤審で「懲役15か月&10年間資格停止」 サッカーの厳罰を英報道「議論を起こすPK」

セルビアのサッカーで起きた誤審に厳罰が下された。3年前の試合でハンドによるPK判定を下し、誤審とされた審判が懲役15か月と10年間の資格停止に。1日に英メディアが動画付きで報じている。

セルビアのサッカーで起きた誤審に厳罰が下された(写真はイメージです)
セルビアのサッカーで起きた誤審に厳罰が下された(写真はイメージです)

セルビアサッカー2018年の誤審で厳罰、英メディアが動画付きで報道

 海外サッカーのセルビアリーグで起きた誤審に厳罰が下された。3年前の試合でハンドによるPK判定を下し、誤審とされた審判が懲役15か月と10年間の資格停止に。1日に英メディアが動画付きで報じている。

【注目】インターハイ2021「できっこないを、やる夏だ。」 インターハイ応援プロジェクト特設サイトはこちらから

 何が起きたのだろうか。1-0の後半42分。リードしている白いユニホームのスパルタク・スボティツァの選手が敵陣ペナルティーエリア右に抜け出した。赤いユニホームを着たラドニチュキ・ニシュのDFがチェックに近づくと、中央の選手に向かってパス。ボールはDFの足に当たったのか、バウンドが変わって他のDFのもとへ渡った。

 すると、審判が試合を止め、PKの判定を下した。ラドニチュキ・ニシュの選手が抗議しているが、覆ることはなく、スパルタク・スボティツァはPKを決めて2-0とリードを広げた。

 英ラジオ局「トークスポーツ」は動画付きで「セルビア人の審判が物議を醸すPKを与えた後、15か月の懲役とサッカー界からの10年間の資格停止を言い渡された」の見出しで記事を掲載。「2018年のセルビアリーグでスパルタク・スボティツァが2-0でラドニチュキ・ニシュに勝利した1戦で、(審判の)スルジャン・オブラドビッチは議論を起こすようなPKを2度与えた」と、同じ試合で疑問視された判定が2度あったと説明している。

 記事では「勝者はヨーロッパリーグ出場に向けて有利な立場になる」と重要な試合だったことを強調。さらに「ラドニチュキ・ニシュは、0-0の状況でミラン・パヴコヴが退場にもなった」と別のシーンでも不可解な判定があったことを指摘した。「オブラドビッチの言い分は、ハンドを見たとするものだった。副審もそれを確認したという」と主審の主張も紹介している。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集