[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

F1角田裕毅、ライコネン抜いた“オーバーテイク集”に海外称賛「興奮する」「力強い」

自動車のF1シリーズ開幕戦、バーレーン・グランプリ(GP)でアルファタウリ・ホンダの角田裕毅が9位入賞を果たした。F1公式は、角田のオーバーテイク集を公開。フェルナンド・アロンソ(スペイン、アルピーヌ・ルノー)、キミ・ライコネン(フィンランド、アルファロメオ)らを抜き去る爽快な映像に、海外ファンからは「力強い」「ワンダフル」などと興奮の声が上がっている。

角田裕毅【写真:AP】
角田裕毅【写真:AP】

F1公式が角田のデビュー戦動画を公開

 自動車のF1シリーズ開幕戦、バーレーン・グランプリ(GP)でアルファタウリ・ホンダの角田裕毅が9位入賞を果たした。F1公式は、角田のオーバーテイク集を公開。フェルナンド・アロンソ(スペイン、アルピーヌ・ルノー)、キミ・ライコネン(フィンランド、アルファロメオ)らを抜き去る爽快な映像に、海外ファンからは「力強い」「ワンダフル」などと興奮の声が上がっている。

【特集】人馬が築く信頼関係 言葉を超えたコミュニケーションで目指す共通のゴール / 馬術・戸本一真さんインタビュー(GROWINGへ)

 20歳の日本人レーサーの快走が、海外からも注目されている。角田の目線で撮影された、車載カメラの映像。7周目にラッセル、9周目にベッテルをそれぞれカーブで追い抜いている。21周目にはオコンに直線で並び、牽制されながらも上手いコーナーリングで抜いた。

 26周目には、元総合王者アロンソの前に出た。コーナーで内側を取り、滑らかなドライビング。角田も思わず「Woo!」と声が出ている。38周目、今度はライコネンと競る。最初のターンで抜くことはできなかったものの、続くストレートで一気に抜き去る。デビュー戦で堂々とした走りだった。

 3分41秒に渡る角田のオーバーテイク集。実際の映像をF1公式ツイッターが公開。「ユウキ・ツノダはデビュー戦でポイントを獲得した最初の日本人ドライバーになりました。これが彼の走り方です。深く座ってリラックスして映像をお楽しみください」と文面で紹介している。

 海外ファンからは「ルーキーなのに素晴らしい走りだ」「とても誇りに思う」「ツノダの力強いデビュー」「輝かしいドライバー」「物語に出てくるよう」「感動のデビュー戦」「興奮する」「ワンダフルなレースだった」などとコメントが寄せられている。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集